これで完璧!Googleに個人情報を渡さない徹底マニュアル

検索エンジンだけでなく、Android端末でも便利なサービスを提供し続けているGoogle。今ではわたしたちの生活に欠かせない存在となりました。

しかし、便利な一方で多くの個人情報を含むデータ収集を行っていることでも有名です。個人情報は自分で守る時代。セキュリティ情報をデフォルト設定のまま使っている方は多くのデータをGoogleに保管されているかもしれません。

Googleサービスのヘビーユーザーであれば、セキュリティ情報の設定を変更すると不便になることもあるので、ここでは設定の確認方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

Googleはどんな情報を収集している?

Googleでは、サービスの利便性向上のために主に以下のデータを収集、保管しているとしています。

  • ウェブとアプリのアクティビティ(Google検索)
  • ロケーション履歴(訪れた場所)
  • デバイス情報
  • 音声アクティビティ(音声検索)
  • YouTubeの検索履歴
  • YouTubeの再生履歴

Googleは、ユーザーの利用活動のことをアクティビティと呼んでいます。この中でも特に情報が多いのが、Google検索を利用した際のアクティビティ保管でしょう。

ウェブとアプリのアクティビティでは、検索内容が対象となるため過去の検索履歴も保管されています。Google検索を利用する際、過去に調べたワードを少しでも入力するとすぐに検索候補が出てきたりしますよね。あの表示は、検索履歴を保管しているからこそなのです。

この検索履歴は、マップなどそのほかのGoogleサービスでも活用されています。さらに、Google Chromeでの閲覧履歴やGoogle検索を行った際にどのサイトにアクセスをしたか、などもデータ収集しているとのこと。かなり多くの情報が保管されていることが分かりますね。

アクティビティの表示方法

Googleに保管されているアクティビティを自分で確認する方法はとても簡単。まずは、Googleアカウントにログインをしておいてください。ログイン後に下記リンクをクリックするとアクティビティの表示がされます。

そのほか、Googleアカウントにアクセスし、データとカスタマイズ>アクティビティ管理からも設定の確認を行うことができます。

履歴の削除と設定の変更方法は簡単!


検索履歴を個々に削除したい場合は、右側の縦3つに丸が並んだボタンまたはゴミ箱ボタンをクリックすれば削除をすることができます

また、検索履歴をすべて削除したい場合は、マイアクティビティの画面から「アクティビティを削除する基準」をクリックすると、削除したい期間を指定する画面が表示されます。

マイアクティビティの管理画面。左側に表示されている「アクティビティを削除する基準」を選択すると、全検索履歴の削除メニューが表示される。
「アクティビティを削除する基準」を選択

「全期間」を選択して「削除」をクリックすると消去ができますよ。

「日付で削除」欄を「全期間」に指定する画面
「日付で削除」の部分を選択することで任意の期間を削除することが可能

検索履歴を自動削除する方法

Googleアカウント(https://myaccount.google.com/)にアクセスし、「データとカスタマイズ」を選択します。アクティビティ管理>ウェブとアプリのアクティビティ>「履歴を管理」をクリックしましょう。

「保存期間の設定」画面
「保存期間の設定」をクリック

「保存期間の設定」をクリックすると自動削除する期間を選択することができます。

保存期間の選択画面
デフォルトは「手動で削除するまで保存する」にチェックが入っている

18か月保存または3か月保存のどちらかを選択して、「次へ」をクリックすると設定が保存されます。

アクティビティの設定変更

自分の設定を変更したい場合は、とっても簡単。現在オンになっているものを一時停止にするだけです。

オンになっている項目をクリックする画面
オンになっているタブをクリックすれば切り替えられる

設定変更をすると不便になることも

誰しも、できれば情報は保管されたくないもの。しかし、Googleサービスの利用方法によっては設定を変更することによって不便になることもあります。

たとえば、ウェブ検索でこの間調べたものをもう一度表示したい、と思ったときにワードをすべて入力しなくても検索候補に出てくると手間が省けます

特にYouTubeを頻繁に利用している場合は、設定変更を直に感じるでしょう。自分が閲覧している動画と似たような動画を「あなたへのおすすめ」で表示してくれるYouTube。1本見るだけのつもりがどんどん関連動画を見てしまっていた、なんてことよくありますよね。

これも、YouTubeの再生履歴などを保管しているからこそ。これをオフにすると今までYouTubeを開いたら自分好みの動画がズラッと並んでいたトップ画面はなくなってしまいます。

利用していないサービスは保管をオフに

やっぱりGoogleのサービスは便利。だからこそ、おすすめは利用していないサービスのデータ収集をオフにしてみましょう。

不要なデータ収集はストップしておいて損はありません。ただ、すべてをオフにしてしまうとGoogleサービスの真価を発揮させることもできません

自分の利用方法に合った設定をカスタマイズしていきませんか?

こちらの記事もご覧ください。