提供元不明アプリの許可ってなに?

sumaho

アプリをインストールしようとしたとき「提供元不明アプリのため、許可が必要です」と、警告が出たことはありませんか?

警告が出るということは、インストールは控えた方が良いのだろう。
とはいえ、提供元不明アプリってそもそも何なのか。
インストールの許可をした場合、どうなるのか。

今後のアプリを安全にインストールして活用していくためにも、知っておきたいですよね。

そこで、あなたのために提供元不明アプリについてご紹介します。

提供元不明アプリがどんなものか知ることで、今後のアプリ利用やリスク管理に役立ちますよ。

提供元不明アプリとは

ハテナ

各公式ストアを経由せずに配布されているアプリ

提供元不明アプリはGoogleのPlayストアや、各キャリアやメーカーなどの公式ストアを経由せず、インターネット上で配布されているアプリのことです。

「野良アプリ」や「非正規アプリ」とも呼ばれています。

公式ストアで提供されているアプリは全て、各ストアの審査を通過したアプリ。
そのため、一定の基準をクリアした信頼度の高い安全なアプリなのです。

提供元不明アプリの場合は、審査なくフリーで配布されています。そのため、安全性や信頼に欠けるのです。

危険?提供元不明アプリを許可するとどうなるの?

ウイルス感染や個人情報の抜き取りなどのリスクあり

審査なく自由配布の提供元不明アプリは、悪意に満ちたものもあります。

そのため、インストールしたことにより、端末から個人情報が盗まれたり、流出したりする可能性が生じるのです。

また、端末そのものを内部から壊されてしまうことも。

提供元不明アプリは本当に信頼できる提供元のみから、アプリをインストールしましょう。

大手企業のサービスのなかには、ストアを通さずに提供されているアプリもあります。

その場合は提供元不明アプリとみなされ、許可をしないとダウンロードできないため、お気をつけください。

iPhoneとAndroidのインストール許可の違い

iPhoneでは、Apple Store以外でのアプリインストールができなくなっています。許可の設定もユーザーからはいじれません。(非公式の特殊なインストール方法はあるようです)

Android端末で提供元不明アプリをインストールする場合は、許可を求める警告が表示されます。Androidでは許可の設定をしない限りインストールできない仕様です。

提供元不明アプリは、むやみに入れないのが吉

提供元:photo-ac

よほどのことが無い限り、設定を変更してまで提供元不明アプリのインストールは控えることをおすすめします。

警察やIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)も注意を促しているほどですので、インストールすべきアプリなのか慎重に判断しましょう。

悪い人たちはあの手この手を使い、素敵な謳い文句で悪意あるアプリをインストールさせようとします。

本当に信頼できる提供元以外でのインストールは、避けるようにしましょうね。

こちらの記事もご覧ください。