セブンイレブンでも2019/7/1からバーコード決済が利用可能に。「7pay」のほか、paypayやLINE Payも

これまで大手コンビニ3社のうちセブンイレブンだけが、バーコード決済未対応で独自路線を貫いていました。いよいよ7月1日にセブンイレブンでもバーコード決済が導入され、自社サービスの7Payをはじめとし、サードパーティーのバーコード決済も可能になります。

セブンイレブンアプリ内に7Payを実装予定

セブンイレブンの自社バーコアード決済サービスの「7Pay(セブンペイ)」は、この記事が公開されている頃にはサービスインしているかもしれません。既存のセブンイレブンアプリ内から使用することができ、nanacoポイントとも紐づくようです。7Payを使った支払いはnanacoポイントが2倍たまるキャンペーンも予定されているとのこと。

LINE Payなど既存のアプリ内のバーコード決済システムによっては、操作の仕方がわかりづらいものもあるので、7Payには操作性に期待したいところです。セブンイレブンアプリ内で最短2タップで7Payの画面に飛べると謳われてはいます。

チャージの方法はセブンイレブン店頭、セブン銀行ATM、、クレジットカード等となっています。インターネットバンキングが記載されていないのが少々気になるところです。

サードパーティーのバーコード決済にも対応

2019年7月1日には7Pay以外も「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「アリペイ」「We Chat Pay」が同時にサービスインします。これらは他社のバーコード決済です。

特に「アリペイ」「We Chat Pay」は中華系のユーザーが多く利用しており、新たな顧客開拓にもつながるでしょう。セブンイレブンは全国に21000店舗近くあり、ファミリーマートとローソンの各15000店舗を大きく上回っています。街中で最もよく見かけるコンビニで各社のバーコード決済が使えるようになることはユーザーにとってもメリットです。

7Payはどこで使えるのか

7Payは2019年7月1日から全国のセブンイレブンで使用することができます。さらに10月には外部の加盟店でも使用が可能になる予定です。外部加盟店とは、セブン&アイホールディングスに加盟していないが、セブンイレブンのnanacoを導入しているお店を指します。例えば天下一品、CoCo壱番屋、ビックカメラ、LOFT、ESSOなどです。

また、セブン&アイ・ホールディングス内のアプリサービスの連携によって様々なお店で7Payはさらに使えるようになるようです。イトーヨーカドーでも使用が可能になるのでしょうか。

7Payの今後に注目!

筆者の自宅周辺にはセブンイレブンばかりで、これまでバーコード決済したいときは徒歩20分のファミリーマートまでわざわざ出向いていました。セブンレイブンでバーコード決済が導入されるのは個人的にとても嬉しいです。バーコード決済業界の勢力図も変化があるかもしれません。要注目です!

こちらの記事もご覧ください。