稼ゲーガールズがブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」をプレイ!「Roppongi Enterchain Night」に参加してみた。

ブロックチェーン=仮想通貨というイメージがある人が多いと思います。実はブロックチェーンを使ってゲームやアプリを開発するのは大きな流れになっており、「クリプトスペルズ」もそんなブロックチェーンゲームの一つです。2019年6月25日に開催された「クリプトスペルズ」を紹介するイベント「Roppongi Enterchain Night」に参加してみました。

ブロックチェーンゲームとは

ブロックチェーンゲームとは、読んで字の通りブロックチェーンを使用したゲームです。特徴としては、ゲーム内で手に入れたアイテムやカード、キャラクターをユーザー同士での直接売買が可能なことが挙げられます。つまりゲームで遊んだ結果が資産になる可能性があるというわけです。代表的なゲームだとMy Crypt Heroes、クリプ豚、UNCHAINEDなどがあります。

稼ゲーガールズによる「クリプトスペルズ」実演!

以前、andronaviで稼ゲーについてご紹介しました。

稼ゲーとは?スマホゲームを遊んでお金「仮想通貨アソビコイン」がもらえる!

そんな稼ゲーを広める稼ゲーガールズが、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」を実際に遊ぶイベントがあるということで行ってきました。

「クリプトスペルズ」はトレーディングカードゲームです。いわゆる現実のカードゲームでいうところの遊戯王やMagic:The Gatheringのように、自分の手持ちの札を使って相手を先に倒すというもの。スマホアプリ版とPCブラウザ版があり、イベントではPCブラウザ版によるプレイが実演されました。

相手のLPライフポイントをゼロにした方が勝ちというルールです。出す手札によって様々な効果があり、ゲーム後半になるに従って強いカードが出せるようになるため、展開がダイナミックになっていきます。勝てるようになるまでは少々時間がかかるかもしれません。初めてクリプトスペルズを遊んだ稼ゲーガールズも2ゲームしましたが勝てませんでした…。難易度は低くないのでやりこみ要素は強いと感じました。

カードは「採掘」か「マーケット」でゲット

カードを手に入れる方法は「採掘(ガチャ)」と「マーケット」です。クリプトスペルズのアカウント開設時にランダムでカードが配布され、それで戦うと勝敗に関わらずポイントがもらえます。もちろん買った方がポイントは大きいのですが、それを使用して採掘(ガチャを引く)ができます。このガチャはブロンズとシルバーのランクまで排出されます。

「マーケット」はゴールドのプレミアカードを手に入れることができます。「Roppongi Enterchain Night」開催日には、クリプトスペルズが初の有料ゴールドカード販売開始ということで、実際に購入の実演も行われました。

最高ランクのカードだと30万円相当のカードもあり、イベント中にすでに世界のどこかで購入した人が10人程度いたようです。ブロックチェーンゲームでリリースされたこうしたカードは、普通のスマホゲームのガチャと違い枚数限定で一度しか発売されないことが多く、まさにプレミアとして資産価値が出るのが面白いところです。

稼ゲーとしてのクリプトスペルズ

クリプトスペルズは、以前紹介した「稼ゲー」と違い遊ぶだけで仮想通貨がたまるというものとは違うようです。しかし、「採掘」するためのポイントを使ってシルバーランクの強いカードが手に入った場合、「タダで手に入れたものに資産価値がつく」ということにはなります。実際Twitter上ではシルバーランクのカードの売買が行われています。

ゲームを遊んでお金が儲かるというのはクリプトスペルズも可能ということです。売買を行うためにはクリプトスペルズの仮想通貨ウォレットの開設は必要になります。

売買等はひとまず置いておいて、単にゲームを遊んでみるだけならTwitterのアカウントがあればすぐにプレイを開始できます。ブロックチェーンゲームに触れるいいきっかけになると思いますよ!

こちらの記事もご覧ください。