あなたもハリーポッターに?スマホARゲームの「ハリー・ポッター:魔法同盟」で街中魔法バトル!

ポケモンGOの 制作会社であるNiantic社がハリーポッターの世界観をゲームにした「ハリーポッター:魔法同盟をリリースしました。日本版は7月2日にリリースされ、配信初日でダウンロードランキング1位を取るなど、話題になっています。すでに賛否両論渦巻いていますが、どのようなゲームなのでしょうか 。

新人捜査官として魔法から町を守る

ハリーポッター魔法同盟では、ポケモンGO と同じようにARで表示された街中で魔法を使ってのアドベンチャーを楽しむことができます。あなたの使命は人間界に溢れた魔法や魔物を、非魔法族(人間)に影響が及ばないように秘密に処理することです。魔法省の新人捜査官として活躍してもらうことになります。

ゲーム内で行う内容は、「魔法を使って敵を倒す」「味方を解放する」の主に2点です。街中でARを立ち上げると、魔法の痕跡(ファウンダブル)というものが表示されています。これをタップすると、モンスターや味方が現れます。タップやなぞることでミッションをこなしていきます。

ARでおなじみのゲーム性と原作ファン感涙のギミック

ARゲームといえばポケモンGO やIngressなどが有名です。ゲーム内では実際に街中に存在する様々なスポットが、モンスターの出現スポットだったりイベント発生ポイントになっています。

ハリーポッター魔法同盟においても、現実のパワースポットである寺・神社・地蔵などを訪れることで魔力を回復することが可能です。また街中に出現する宿屋ではハリーポッターの主要キャラクターであるハーマイオニーが、寝床と食事を提供してくれ体力が無条件で回復します。ハーマイオニー以外にも原作に登場するキャラクターが様々なギミックでAR上に表れ、ファンにはたまらないでしょう。

スマホゲームという視点では改善の余地ありか

ハリーポッター魔法同盟で賛否両論となっているのかその操作性です。ポケモンGOにおいてはタップ連打することで、カプセルを回収したりレイドバトルに勝利することができました。ハリーポッター魔法同盟においては連打をする手間はなくなりましたが、タップをして画面の指示を正確にスピーディーになぞることが必要になります。そのためプレイヤーが使用するデバイスの性能や、プレイヤーのテクニックによっても成果にばらつきが出るようです。

また海外ゲームをそのまま翻訳したため、文章のつなぎや表現がもったいぶったまわり回りくどい言い方に感じることがあります。さらにハリーポッターの専門用語がバンバン登場するため、ハリーポッターシリーズの映画や書籍をそこまで知らない人にとっては、ストーリーが非常に頭に入って来づらいものになっています。

ポケモン GO でも問題になっていましたが、現時点では地方でプレーをするとイベントの発生頻度はかなり低いようです。数時間歩き回って何も起こらなかったという声も上がっています。

また ARでかつGPSを使用する。その状態でタップ・なぞるなどの操作を行う。さらに魔法を発射するエフェクト等もある。それらの関係なのか電池の消費が非常に早く、バッテリーが熱くなります。ユーザーの機種によっては動作もかなり重くなるようで、プレイに耐えられないという声もちらほら聞こえます。

ARゲームの新たな一歩ではある

様々な声がありますが、現状のARゲームの中ではゲーム性を極限まで高めた内容になっていることは確かです。街中で他の魔法操作官とばったりと言う日も遠くないでしょう。夢中になって交通事故にあわないように、周囲の状況には気をつけて魔法の痕跡探しを楽しんでください。

こちらの記事もご覧ください。