ネット上の家探しをもっと快適にするアプリ「カナリー」

株式会社BluAgeから、家探しの形を変えるかもしれないスマホアプリ「カナリー」がリリースされました。既存のサービスである大手情報サイトのアプリ版アプリと、どのような点が違うのかご紹介します。

これまでの不動産情報サイトはユーザーファーストではなかった

ネット上で「いい物件が見つかった」と思って、空室状況をネット上から問い合わせた際に、以下のような目にあった方は多いのではないでしょうか。

・何社もの不動産会社から連絡が来て煩わしい。どこの会社を選べばいいかわからない
・実際には空きがない物件をダミーとして掲載していた
・ネットで手離れよく済ませたいのに、何度も事務所に足を運ばなければいけない

SUMOやHOME’Sといった大手不動産情報サイトの場合、複数の不動産会社で同じ物件を取り扱っているケースが多く見られます。「自分の会社から入居してもらいたい」「仮にその物件でなくてもなんとかして客にしたい」という思いから、営業担当者はガンガンアプローチをかけてきます。実際には募集が終了している好条件な物件を、客引きに使う業者も後を絶ちません。

これはユーザーファーストとはいえない状況です。ユーザーは、自分が興味を持った物件を確実に紹介してくれ、スムーズに入京できる可能性が高いサービスを欲しています。それが「カナリー」が目指すところです。

カナリーは一人の不動産エージェントだけがユーザーを担当

カナリーで物件を選ぶと、不動産エージェントから連絡が来ますが、既存のサービスのように複数社からくることはありません。カナリーの内部で選別されたあなた専用の担当者が設定されます。

カナリーではフリーの不動産エージェントと多く契約をしています。サービスの構造的には、「ユーザー」「不動産エージェント」「カナリー運営」の3つのカテゴリーに分かれています。

これまでの大手情報サイトだと、間に複数社の営業会社が入ることで、まず家探しの前に業者を決めなければならないという状況がありました。カナリーでは担当するエージェントを運営側で決めることで、煩わしさを解消しスピード感を上げようと試みています。

精度の高い不動産情報かどうかが鍵

現在カナリーのネット上の評判を見ると「使いやすい」「新しいサービスで可能性を感じる」というような好意的なものがあります。一方で、「記載の情報が実際の物件と違う」「募集終了している物件が載っていた」という、既存の大手情報サイトと変わらないクオリティの評価も見られました。

AIを活用して実際には存在しない囮物件を排除しているということですが、まだ完璧とは言えないようです。

入り口であるネット上の情報の精度が高くなければ、既存のサービスとの決定的な違いが霞んでしまいます。日本の不動産取引の構造を変える可能性があるアプリですから、今後の整備に期待です。

こちらの記事もご覧ください。