コクヨからIoT文房具が発売!勉強時間を可視化できる「しゅくだいやる気ペン」が登場

文房具メーカーのコクヨから鉛筆にとりつけるIoT文房具「しゅくだいやる気ペン」が発売されました。

IoT文房具という新しいジャンルを開拓している本商品。勉強の習慣化を促す効果が期待できるとのことですが一体どんな商品なのかご紹介します!

「しゅくだいやる気ペン」とは?

しゅくだいやる気ペンは、市販の鉛筆に取り付けるタイプの商品。そのため、新しく文房具を用意する必要はなく、現在持っている鉛筆ですぐに利用することが可能です。

しゅくだいやる気ペンの特徴は、子どもと保護者の両者が勉強に向き合えるということ。親子で勉強への時間を確認し合うことで褒めて伸ばすサイクルができ、勉強の習慣につながるとしています。

しゅくだいやる気ペンの機能

本商品はBluetoothでiPhoneやiPadとペアリングすることができ、専用アプリと連携。やる気ペンに内蔵された加速度センサーが感知した筆記量をアプリ内のグラフで見ることができます

ペンを持っている時間をペンが感知してグラフ化
引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

また、しゅくだいやる気ペンを使って勉強をすると本体のLED色が変化。やる気パワーとして可視化でき、子どもが楽しく勉強できるよう工夫されています。

色は全部で11色用意されている
引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

このやる気パワーは専用アプリに注ぐことができ、パワーに応じて「やる気の木」が成長するしかけも!今日もがんばったから明日も、というように習慣を促すようなゲーム性もあります。

これらの機能により、子どもはしゅくだいやる気ペンを使って勉強をしたくなるような仕掛けを楽しむことができます。

また、保護者はペンの記録から勉強を一緒に見てあげられなくても、どのくらい頑張ったのかが分かるので振り返りながら褒めてあげることができます

実際に、しゅくだいやる気ペンを使ったモニターのご家庭では、約78%の親子が机に向かうようになったと効果を実感している様子。このペンを使えば、毎年夏休みの後半にドサッと溜まった宿題も、サクサク終わらせられるかもしれません。

勉強はポジティブサイクルで習慣化

勉強の習慣は「がんばる→褒める」というサイクルの繰り返しで習慣化を目指せるそう。たしかに、嫌なことほど褒められるともっと頑張ろうと思えますよね。

この習慣を目指すときに、難しい問題ばかりに挑戦するのではなく、基礎問題などをコツコツと積み重ねていくことが良いそう。

勉強はすぐに学力が向上していることをなかなか本人は実感しにくいですが、基礎が身につけば問題が解けるという体験をするまでのステップにしゅくだいやる気ペンはうってつけではないでしょうか。

しゅくだいやる気ペンは、現在コクヨの公式オンラインストアで購入することができます。価格は4,980円(税抜)。気になる方はチェックしてみてください!

こちらの記事もご覧ください。