スマホの録音・録画を使って警察から身を守る

日夜問わず平和な日常を守ってくれている警察。なにか有事の際にはとても頼もしい存在です。

しかし、もしも自分がえん罪などで思いがけず加害者側に回ってしまったら。そのとき、自分を守ってくれるのは今持っているスマホかもしれません。

取り調べではスマホを持ち込むことができる

普段の生活を送っているだけなのに、自分が加害者候補に挙がってしまうことはドラマや映画の中だけの話ではありません。

なにも疑われるようなことはしていなくても、任意で取り調べを受けることがあるかもしれないことを頭の片隅に置いておきましょう。

もし、自分は潔白なのにも関わらず取り調べを受けたら、誰だってパニックになります。けれど、密室では自分を守ってくれる人はいない。

そんなときに頼りになるのは、スマホかもしれません。というのも、任意での取り調べでは、スマホを持ち込むことができる場合があるのです。

万一自分がえん罪に陥ってしまいそうなときに、スマホの録音・録画機能を使えば自己防衛ができる有効な手段になりえます。

「管理規則」があるか確認をすること

スマホの持ち込みは直接的な法律では禁止されていません。ただし、施設(この場合は警察)を適切に運営するにあたって管理規則が定められており、その中にスマホの持ち込みが禁止されている場合があります。

警察内では捜査情報が漏れないよう機密情報を多く取り扱っている関係上、スマホの持ち込みが禁止になることもあるので、この部分をしっかりと確認しておきましょう。

自らの立場を守るために主張する部分は譲らずに

スマホの持ち込みが禁止されているケースでは、自分自身で録音や録画を行うことはできません。

しかし、明らかに施設管理面の範囲から超えた規制などの場合は、代替案を提示することが可能です。

ただし、この場合は自身の弁護士と相談をしてどのような措置をとったらよいか決めるのがベスト。頑なに取り調べを拒否をしていると、最悪の場合逮捕されてしまうこともあるからです。

実際に不当取り調べが明らかになった裁判も

実際の裁判で、不当な取り調べを受けた被疑者が密室内のやり取りを録音し、法廷で明らかにしたケースもあります。

密室内だからこそ、外部からはどのような取り調べややり取りが行われているか分かりません。

警察からの不当な取り調べや圧力、偏った判断から身を守るために、いざという時にはスマホの録音や録画機能を利用する方法を覚えておくとよいでしょう。

こちらの記事もご覧ください。