寝る前のスマホで睡眠障害の危険あり!?原因とメカニズムとは

暗い部屋でベッドに寝そべって、動画を見たりSNSをチェックしたり、メッセージを送ったり。実は、なにげなく行っている寝る前のスマホいじりが、睡眠障害を引き起こす危険があるのです。

なぜ寝る前のスマホで睡眠障害となる危険性が生じるのか、その原因とメカニズムについて解説します。寝る前のスマホによるリスクを知り、使用する時間や方法などを見つめ直してみましょう。

寝る前のスマホは睡眠障害の原因に?そのメカニズムとは

ブルーライトで体内時計が狂い寝つきが悪くなる

睡眠障害を引き起こす原因はスマホの画面から出ているブルーライトです。

ブルーライトは青色光のことで、可視光のなかで最もエネルギーが強いとされています。

ブルーライトを夜に浴びることで、メラトニンの分泌が抑制されてしまいます。このメラトニンとは、体内時計に作用して睡眠を促すもの。つまり、睡眠を促すメラトニンが抑制されることで眠れなくなると考えられています。

また、米眼科学会は「ブルーライトは人間の体内時計に影響することは証明されている」という見解を出しています。

体内時計は朝起きて光を浴びることでリセットされるもの。スマホから出ているブルーライトは、体内時計をリセットする働きに影響を及ぼすのです。


参考:
コトバンク
武田薬報
・JINS ブルーライト研究所
・朝日新聞「ブルーライトは目に悪い?夜のスマホの影響は…」
omron

体内時計を狂わせないために心がけたいこと

ブルーライトはスマホだけでなく、ゲーム機やパソコン、LED照明などからも出ています。そのため、完全にシャットアウトすることは難しいものの、体内時計を狂わせないためにできることを知っておきましょう。

参考:朝日新聞

1.寝る1〜2時間前にはスマホを使用しない

寝る前のスマホを控えます。最低1時間前にはスマホの使用をやめます。寝る前はブルーライトからの刺激を減らすことで、質の良い睡眠になるでしょう。

2.ブルーライトカットのグッズを活用する

メガネや画面フィルターなど、ブルーライトをカットしてくれるグッズを活用しましょう。スマホから出るブルーライトを削減することで、受ける影響を抑えるのです。

3.スマホやパソコン以外の暇つぶし方法を見つける

読書やお絵かき、お散歩、スポーツなどスマホやパソコン以外で楽しめる趣味を見つけましょう。アナログな趣味を見つけることで、ブルーライトを浴びる時間を削減できます。それにより、ブルーライトの影響を減らすことができるでしょう。

参考:総務省 東海総合通信局コラム

控えたい寝る前のスマホ

sleep

質の良い睡眠は健康になくてはならないものです。そのため、睡眠障害になる危険がある寝る前のスマホは控えるのがベスト。寝る前のルーティンワークを見直してみましょう。

こちらの記事もご覧ください。