スマホで撮影した写真から身元がバレる?個人情報を守るには

スマホで撮影した写真には、撮影場所、撮影日時、撮影者など、全ての情報を記録することが可能です。設定等を確認せずに、確認した撮影した写真をWeb上にどんどんアップしていると、あなたの個人情報がダダ漏れということになる危険性があります。ここではスマホで撮影した写真から個人情報の流出を防ぐ方法を紹介します。

スマホカメラの位置情報をオフにしておけば大丈夫

スマホのカメラで写真を撮影した時に記録される位置情報や日時の情報は「Exif情報」といいます。Exif情報が記録された状態の写真を、そのままWeb上にアップするから個人情報が漏れるのです。ですので、スマホの設定画面でExif情報が記録されないようにしておけば問題ありません。 

iPhone でも Android でもスマホの設定画面からExiff情報の記録をオフにすることができます。

  • iPhoneの場合:設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラ→許可しない
  • Androidの場合:設定→ロック画面とセキュリティ→ 位置情報→アプリレベルの権限→カメラ→OFF

アプリレベルではなく、位置情報サービス全てをオフにすることもできます。しかし、それだと地図を使用する時にも、位置情報が使えなくなってしまうので不便です。アプリ別の位置情報サービスのオンオフを、手動で設定しておくのが良いでしょう。写真以外のアプリの位置情報設定も、同じ手順で設定できます。

撮影後にオフにするには?

とはいえ、「普段の撮影の際に、いつどこで写真を撮影したかログを残しておきたい」という方も多いのではないでしょうか。その場合はWeb上にアップロードする時に、Exif情報が隠されていれば大丈夫です。

撮影後にExif情報を削除する方法としては、位置情報を削除するスマホアプリを使用すれば可能です。もう一つは PCに写真のデータを移してから、プロパティを編集するという方法があります。

Exif情報を削除した写真であれば、web上にアップロードしても個人情報が漏れることはありません。

アップ時にExif情報を自動で消してくれるSNSやブログサービス

また、主要なSNS やブログサービスでは、アップロードした写真のExif情報を自動的に削除してくれる仕様になっているところが増えています。ですので、実際は多くの人がExif情報が載ったままの写真を、気にせずアップしているという状況です。

Twitter、Facebook、Instagram、mixiはExif情報が自動で削除されます。ただし、削除されると言っても表示がされないだけで、SNSの運営元には全部筒抜けです。こうして集めた個人情報を、TwitterやFacebookなどはビッグデータとして活用しているのです。

ブログに関しては、はてなブログ、アメブロ、Yahooブログは、やはりアップ時にExif情報は削除されます。気をつけないといけないのはWordPressです。

WordPressの場合、普通に画像を埋め込んでアップしただけだとExif情報は隠されません。撮影場所や撮影日時、あなたが誰なのかが洩れてしまう危険性が高くなります。WordPressで自分で撮影した写真をアップする際には、Exif情報を削除するプラグインをインストールしてからアップするようにしましょう。 

こちらの記事もご覧ください。