Google Chromeでパスワードの漏洩チェックができる拡張機能「Password CheckUp」が登場

chrome

ネットサービスはそれぞれアカウントの作成や、パスワードの設定が必要ですよね。多くのサービスを利用するなかで、アカウント名やパスワードは使い回しがち。

その使い回している情報が漏洩していたら、自分の情報は垂れ流し状態です。そんなリスクを回避するため、Password Checkupを活用についてご紹介します。

Password Checkupとは

Googleが開発および提供しているChrome拡張機能です。つまり、Google純正!Password Checkupを利用することで、あなたのパスワードの漏洩チェックをしてくれます。

Chrome上でインターネットのサービスにログインやサインインする際、使用しているアカウント名とパスワードの漏洩を検知し、警告をしてくれるのです。

Password Checkupによる漏洩のチェックは、Googleの漏洩リストと照らし合わせて行われます。Googleは40億あまりの漏洩事案を把握しており、そのユーザー名とパスワードを記録。その情報との照らし合わせで漏洩を検知するのです。

出典:
https://security.googleblog.com/2019/02/protect-your-accounts-from-data.html

Password Checkupを有効にする方法と使い方

Password Checkupを利用するには、Chromeへ拡張機能をインストールする必要があります。

手順は次のとおりです。

  1. パソコンでChromeを開く
  2. Googleアカウントへサインインする
  3. Chromeウェブストアを開く
  4. Password Checkupを検索しインストール
  5. インストールを終えれば完了

Password CheckupはインストールしておくだけでOKの拡張機能です。そのため、有効化されているかだけ確認後、放置で問題ありません。また、機能は自由にオンオフの設定が可能です。

警告があった際に対処したいこと

漏洩があるとPassword Checkupが判断した場合、あなたへパスワードの変更をするよう警告を出してくれます。

もし警告が出てしまった場合、警告のあったアカウント名とパスワードを使用するサイトやサービスのパスワードを変更しましょう。

また、必要に応じて次の対処も検討します。
・登録していたクレジットの状況確認(場合によっては発行会社へ利用停止を依頼)
・情報漏漏洩(データ侵害)により影響が出る恐れのある組織や個人へ連絡

追加していて損はない!パスワードの漏洩対策

pass

パスワードの漏洩は個人で気づきにくいもの。だからこそ、検知・警告をしてくれるPassword Checkupを入れておくメリットは大きいでしょう。

漏洩しているパスワードを使いまわしていると、それだけ個人情報が垂れ流しになってしまいます。そうならないためにも、自分で行える対策をしていきたいですね。

こちらの記事もご覧ください。