スマホの電子チケットは譲渡できない?リセールとは?

近年アーティストのコンサートやフェスなどのイベントで増えてきている「電子チケット」。チケットの転売対策として導入するケースが増えてきています。

しかし、この電子チケットで気になるのが、「譲渡」について。もし急遽都合がつかずに行けなくなった場合、せっかくなら行ける人に譲渡したいと思う人は多いはず。

そんな疑問を解決すべく、電子チケットの譲渡に関わる「リセール」についてご紹介します!

電子チケットとは

電子チケットとは、スマートフォンなどに配布されるチケットデータのことです。チケット情報はQRコードになっており、コンサートやイベントでの入場時にはこのQRコードを読み取ることで、入場可能となります。

入場チケットで言えば、映画館でもネット予約ができる時代になりました。仕組みは電子チケットと同様になるので、イメージしやすいかもしれません。

電子チケットは、わざわざ紙チケットを発券する手間がなく紛失の心配もありません。また、会場に着いたのにチケットを忘れた!なんていう悲惨な状況とも無縁。

金銭的な面で言えば、紙チケットは発送代などの手数料がチケット代に上乗せされたりしますが、電子チケットは発送の手間がないため手数料を安くすませることができます。

電子チケットの譲渡方法

せっかく電子チケットを購入したのに、当日どうしても都合がつかず行けなくなってしまった、なんていうこともあるでしょう。そんなとき、購入したチケットはどうしたらよいのでしょうか。

電子チケットはリセールサイトで譲渡する

電子チケットでの譲渡は結論から言うとできます。ただし、条件があります。それは、リセールサイトで譲渡を行うこと

リセールとは、チケットを定価で再度販売することを指します。イベント主催者側では、チケット購入者に対し、万一譲渡をしたい場合にはリセールサイトで定価で譲渡をするよう促しています

というのも、よくフリマやオークションなどでチケットが定価の倍以上の金額で販売されていることがありますが、あれは転売チケットになります。イベント主催者側は、この転売チケットを大変重く見ており様々な対策も講じており、リセールもその一環です。

リセールサイトは「チケットストリトート」や「EMTG」などいくつかあります。

譲渡の流れ

電子チケットを譲渡する場合の流れとしては、以下のようになります。

  • サイトで譲渡をするチケットを出品
  • チケットを欲しい人が購入
  • 購入者がチケット代を支払う
  • QRコードのチケット情報を送信

QRコードは、画像をサイト上で購入者に送信することが一般的です。ただし、電子チケットの場合は転売チケットでの入場を防ぐため、主催者側が本人確認を行うことがあります。

この本人確認が行われると、電子チケットでの入場ができない場合も。その際には、購入者にチケット代を返金するシステムを取り入れているリセールサイトがほとんどです。出品者は、購入者が無事にチケットを利用できたと確認できたらサイトから代金が支払われます。

電子チケットの譲渡はリセールで安全に取引しよう

電子チケットは、これからもっと普及していくでしょう。譲渡の問題は、転売チケットも含めてこれからも出てくると思います。

今後、チケットを定価で譲渡をすることができる場がもっと増えて出品者も購入者もいい気持ちでイベントを楽しめるようになるといいですね。

こちらの記事もご覧ください。