【FAQ】室内でカメラを起動させたら画面がチカチカちらつくんですが…

【FAQ】室内でカメラを起動させたら画面がチカチカちらつくんですが…

Q:室内でカメラを起動させたら画面がチカチカちらつくんですが…

A:カメラの設定内に「ちらつき防止」という設定があれば、東日本の場合は「50Hz」西日本だと「60Hz」に設定しましょう。

室内でカメラを起動させると、なんだか画面に非常に薄いグレーの線が見えるということはありませんか?そして撮影した写真がなぜか暗い…

画面に灰色の波線。そして全体的に暗いフリッカー現象の例
画面に灰色の波線。そして全体的に暗いフリッカー現象の例

これはフリッカー現象と呼ばれるもので原因は蛍光灯です。蛍光灯は人間の目に感知できない速度で点滅しているのですが、この速度が東西でことなります。

写真が暗くなるのは蛍光灯が暗くなったその瞬間に撮影してしまったために起こります。

もし自分の利用しているカメラで同現象が起こった場合は、カメラの設定から「ちらつき防止」や「Antibanding」の設定を変更します。

ちらつき防止の設定をしよう
ちらつき防止の設定をしよう

東日本だと「50Hz」、西日本だと「60Hz」に設定しましょう。オート設定があるのであればオートでOKです。

特に旅行で色々な所に行く方は、固定するよりもオートの方が良いと思います。

端末によっては自動で設定してくれるのでお目にかかった事がないという方もいると思います。

また、デフォルトのカメラに設定がない!という場合もあります。その時は、別途設定のあるカメラアプリをインストールして利用しましょう。

こちらの記事もご覧ください。