AR?VR?MR?なんちゃらリアリティって結局どういう映像なの?

スマホゲームや先端的な映像表現でAR(拡張現実)、MR(仮想現実)、MR(複合現実)という言葉を目にする機会が増えました。「実際にどういう映像のことをさしているのかよくわからん」という人も多いのではないでしょうか。実際にはゲームと映画と遊園地程度の違いはあります。

AR(拡張現実)は現実世界をデジタル映像の力で拡張する

ARはAugmented Realityの略で、直訳すると拡張現実です。これは現実世界をデジタル映像で拡張することで、多彩なコンテンツを生み出す映像表現です。

代表的なプロダクトは「ポケモン GO」や「ドラクエウォーク」のようなARゲーム。スマホに映る現実の街並みの中にモンスターを表示させ、スマホ画面をタップすることで捕獲したり攻撃することができます。

他にもIKEAの公式アプリであるIKEA Placeでは、スマホのアプリを通して写した自分の部屋にIKEAの家具を配置することで、購入前にバーチャルレイアウトをすることができます。

このように我々の目に移る現実をデジタル映像で拡張することで、ゲーム感覚で楽しめるのがARです。

VR(仮想現実)は映像の世界に入り込んだ感覚を提供する

VRはVirtual Realityの略で、直訳すると拡張現実です。これはあたかも映像の中に入り込んだかのような感覚を体感できる映像のこと。VRゴーグルを装着することで没入感を味わうことができます。

Youtubeで360度対応の動画が増えていますが、あの映像はVRゴーグルをつけてみるとあたかも自分がその空間にいるかのような感覚を味わえます。上下左右全て映像に囲まれているのです。

主な用途では家に居ながらにして現地でスポーツ観戦を味わえるコンテンツや、様々な業界の研修など、現場と同じようにものを見ることを求められる場合に使われています。さながら立体的な映画館と言えるでしょう。

MR(複合現実)はARを立体化

MRはMixed Reakityの略で、直訳すると複合現実です。ARの発展型で、立体化した拡張現実と捉えれば良いでしょう。表示された映像を体感し、それに働きかけることができます。

ポケモンGOはスマホの画面に表示される平面的なデジタル映像で、後ろに回ったり上から眺めたりすることはできません。MRを使えばそれが可能になります。しかもそれを触ることで様々な種類の入力行為を行うことができるのです。VRでも立体的な映像は体験できますが、映像にユーザーが働きかけることはできません。

高セキュリティの職場ではユーザーが入り口でパスワードや指紋認証をするのは一般的です。例えばですが、MRを使用すればゴーグルをつけたユーザーが、MRで表示されたオブジェクトにタッチすることで職場へ入れるということも可能になるかもしれません。こういった用途でMRを使えば、高コストな機械の設置が不要にし、コストも下がるのです。

目に映るもの全てが現実?と思うしかない

この他にもSRやXRなど実験段階の映像表現は存在します。基本的には今回ご説明した3つの映像をベースに製作しており、特に今後活用事例が増えそうなのがAR、MRです。職場に導入されゴーグルをつけて勤務するのが普通、なんて日も遠くないかもしれません。裸眼で見た現実が正しいのか、ゴーグルをつけてみた現実が正しいのか。世の中の価値観も大きく変わっていくのでしょう。

こちらの記事もご覧ください。