YouTubeの動画公開範囲!限定公開と非公開の違いとは?家族や友人だけに見てもらうプライバシー管理

「YouTubeに動画を投稿する」というと全世界の人に見られることが前提というイメージがありますが、実際は公開範囲を決めることができます。公開範囲の限定の方法と便利な活用法についてご紹介します!

動画の公開範囲には3種類

YouTubeの動画公開範囲は「公開」「限定公開」「非公開」の3種類です。設定法穂は非常に簡単で動画のアップロード画面でプライバシー設定を選択するだけです。

公開は文字通り全世界に公開されます。限定公開は動画のURLを知っている人だけ動画を閲覧することができる設定です。非公開は配信者が許可した人と本人しか閲覧することができません。

それぞれの動画について解説していきます。

公開はプライベートの動画だとリスクがある

アーティストやスポーツの配信、企業のプロモーション動画、YouTuberの配信など、宣伝や広告収入目的の動画などは、ほぼ確実に公開設定がされています。不特定多数の人に見てもらうことが目的の動画で、再生数を増やす必要があるからです。

逆にプライベートな動画をYouTubeにアップロードしてトラブルになるケースもあります。犯罪行為を撮影した動画が問題になるのはもちろんですが、様々な要因で炎上したり個人が特定される事件が後を絶ちません。

限定公開だとYouTubeの検索やピックアップには引っかからない

限定公開の動画はURLを知っている人しか見ることができません。検索や関連動画にも表示されないので一見安全に感じます。

しかし、URLを教えた人が別の人にシェアしたら全く関係ない人でも動画を見ることができます。また、URLを知っている人がその動画を自分の公開プレイリストに加えたら、プレイリスト経由で不特定多数の人が再生可能になります。ですので、リスクは完全には無くなりません。

非公開だと一番安全

非公開の動画は動画配信者が許可した人しか見ることはできません。具体的にはgmailのアカウントごとに許可をだす必要があります。これは動画の編集画面から簡単に設定が可能です。

非公開動画なら様々な用途に活用できる

非公開動画は家族や友人限定で公開できる上に、関係ない人にシェアされても再生できないため悪用される危険がありません。LINEで友達に送った動画はダウンロードされて公開される可能性がありますが、非公開動画の場合は流出の危険性が著しく下がります。

さらに企業の動画での作業マニュアルや研修動画など関係者だけで完結させたい用途にも向いています。YouTubeに非公開でアップロードすれば再生の際に時間がかからないので、視聴者にとっても楽チンです。

アンドロナビのチャンネルもありますよ♪登録お待ちしています。

こちらの記事もご覧ください。