タクシーに乗る前に運賃が分かる「事前確定運賃」とは

10月28日より「事前確定運賃サービス」がタクシーを利用する際に開始されました。このサービスにより、タクシーを使いたいけどいくらになるか分からないからやめる、ということがなくなるかもしれません。

「事前確定運賃」とは

事前確定運賃とは、国交省が4月に策定したルールのことで、10月28日がこのサービス認可日でした。

事前確定運賃は、出発地から到着地までを事前に入力することで、提案されるルートや運賃の中から希望のものを利用者自身が選び、事前に運賃が確定するサービスのこと。利用には、配車アプリが必須となります。

これにより、タクシーを乗車したくても「高額になりそうで怖い」といった不安要素を取り払うことができるほか、利用者が希望のルートを乗務員に伝えることができるので最短ルートで目的地まで到着することもできそうです。

また、事前確定運賃を導入することで既存のユーザーの満足度を上げられるだけでなく、乗務員の心理的な負担の軽減も期待されるそう。

※迎車料金や高速道路利用料は別途料金が発生します。

事前確定運賃に対応した配車アプリ

事前確定運賃サービスの認可を受けて、配車アプリ会社が対応に乗り出しました。現在の対応アプリは以下になります。

  • みんなのタクシー「S RIDE.」
  • JapanTaxi「JapanTaxi」
  • DeNA「MOV」

また、準備が整った地域からサービスを利用することができ、現在は札幌、東京、横浜、長野、名古屋、大阪、京都、神戸などの27地域、約200の事業者(トータルで約2万車を保有)が対応を予定しています。

訪日外国人へのサービスとしても期待

近年、訪日外国人が増えていますが観光地ではタクシーを利用する外国人も多いそう。そこで、配車アプリを利用してタクシーに乗車すれば、外国人も乗務員もスムーズにサービスを利用したり提供することができるようになります。

日本としての「おもてなし」を日本人だけでなく外国人も感じてほしいサービス。今後も対応エリアが拡大していくことを期待します!

こちらの記事もご覧ください。