Googleの「量子超越」はコンピューターの産業革命へのマイルストーン

Googleが2019年10月23日に量子超越を達成したと発表されました。コンピューターの技術革新のマイルストーンになるとされ、大きな話題になっていますがそもそも量子超越とは一体何のことなのでしょう。

ざっくりいうと計算がめちゃくちゃ早い

量子超越とは量子コンピューターの計算が、既存の古典的なコンピューターの計算能力を明らかに上回ったことをさします。つまり、量子コンピューターがめちゃくちゃ速く計算できることを証明したというわけです。

古典的なコンピューター、つまり我々が現在使っているコンピューターは電子式コンピューターといいます。電子式コンピューターの最高峰はスーパーコンピューターと呼ばれ、宇宙開発やゲノム解析などの最先端の科学医療分野で活用されています。量子コンピューターはこのスーパーコンピューターの計算能力を抜き去ったことで、先端分野の研究や開発のスピードが一気に早まるのではないかと言われているのです。

IBMなどは量子超越ではないと反論しているが…

Googleは古典的なコンピューターで1万年かかる問題を、Googleの量子コンピューターは200秒で解いたと発表しました。Googleの発表に対し、IBMは「Googleが達成した内容は古典的なコンピューターでも可能」と反論しています。

確かに計算できるか否かという点に焦点を当てれば、古典的なコンピューターでも可能な計算内容ということです。しかも古典的なコンピューターで1万年かかるというのは不正確で、事前の設定を問題に合わせて最適化すれば2日半で解けると主張しています。

原理主義的な論調でいうと、量子コンピューターは従来のコンピューターでは全くできなかったことを実現できなければなりません。「スピードは早いけれども量子コンピューターじゃなくてもできるよね、はい論破」とIBMがいうのも一応筋は通っていると言えなくはないでしょう。

しかしこの主張は丸木舟と新幹線を「移動手段ツールという意味では同じ」と言うのと似ています。200秒と2日半では同じ類の技術というにはあまりにスピードが違うからです。

量子超越は結局何の役に立つのか

「そんなに早く計算できたところで何の使い道があるのか」と言う声もありますが、技術革新は目先の事象を解決するためというよりは未来を実現するためにあります。

宇宙や医療などの先端分野はもちろん、国家や金融などセキュリティ関連の事業は量子コンピューターに注目しています。既存のコンピューターで構築されたセキュリティは計算能力の早い量子コンピューターの登場で簡単に破られることが想定されるからです。既存の価値観やモラルの崩壊をも意味します。

量子コンピューターが実用化される際には、古典的なコンピューターで構築された世界が一変することが予想されます。産業革命が訪れるのです。

こちらの記事もご覧ください。