Facebookが進める仮想通貨Libra(リブラ)って何?出稼ぎ外国人の母国への送金にも役立つ意味とは

一時大きな話題を呼んだ仮想通貨。仮想通貨バブルの波に乗った人は「億り人」とも呼ばれていました。なんとこの仮想通貨業界にFacebookが参入するとのこと!

後発組となるFacebookの仮想通貨「Libra」とはどんなものなのか調べてみました。

Facebookの仮想通貨「Libra」とは

Facebookが発行する仮想通貨「Libra(リブラ)」。Libraは、2020年前半のスタートを目処としていますが、スタート前にも関わらず良くも悪くも大変な注目を浴びています。それは、今までの仮想通貨とは一線を画す存在となりえるものだから。

というのも、Libraは価格変動が起こりにくい設計を取り入れているのです。仮想通貨といえば、ビットコインが有名ですが、これらを含めほとんどが通貨ではなく投機として見られていました。これは、価格変動が大きく安定しないため、FXなどと同じような存在という世間の認識が強かったからでしょう。

しかし、元々仮想通貨は世界共通のお金として登場した「通貨」です。円やドルなどを介さず世界中で共通のお金を持てば便利だよね、として登場したのに、投機としてしか見られなければ意味がありません。

こういった背景を汲み、Facebookでは価格の安定化を図り「通貨」として普及させようとしているのです。

価格変動が起こりにくい仕組みとは

Libraはなぜ、価格変動が起こりにくいのか。それは、現実の資産を裏付けしてLibraを発行するからです。

ほかの仮想通貨は裏付けされる資産はなく、需要に応じて発行されます。しかし、Libraは資産を裏付けとするため需要に左右されることなく安定的に発行をすることができるため、価格変動が起こりにくく現実世界でも活用しやすい「通貨」だとFacebookは発表しています。

現在は、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、シンガポールドルなどの連動を想定しているとあって、現時点で信用度の高い通貨が裏付けされるようです。

世界の金融インフラを整備するという大きな目的

先述のように法定通貨(実際の通貨)を裏付けして発行されるLibra。それなら、今までどおり法定通貨を使用すればいいじゃないか、と思う人も多いでしょう。

FacebookがLibraを発行する真の目的は「世界の金融インフラを整える」ことにあります。私たち日本人は大多数が銀行口座を保有しています。給与が入れば口座に振り込んでもらい、家賃や生活費も銀行口座から引き落としてもらうシステムが整っています。

ですが、世界的に見ると銀行口座を保有していない人もとても多くいるという現状があります。その数はおよそ17億人。地球人口の31%にあたるそうです。こういった人たちに対して、Libraなら資産管理を個人で行うことができるとしています。

また、外国人が出稼ぎへ行き母国の家族にお金を送金する際も銀行口座を持っていなければ帰国をする必要があります。もし銀行口座を持っていたとしても国際間の送金には手数料が数千円かかることも珍しくありません。しかし、Libraなら手数料をぐっと抑えて送金をすることも可能に。

小売店などで現金管理をする際も盗難で紛失してしまう金融価値も、Libraなら守ることができると謳っています。

なぜ、反対する声も多いのか

Facebookが発行するLibraには、VisaやMasterCard、Uberなど世界的企業28社が共同で運営をするとしています。そのため、今までは投機としてしか見られなかった仮想通貨が本当の通貨として取り扱われる可能性がかなり高まりました。

これにより、危機感を抱いているのが「国」なのです。というのも、先述のとおりLibraは法定通貨を裏付けとして仮想通貨を発行します。この比率が米ドルは50%、さらに中国人民元は含まれないなど詳細が発表されています。これらの情報によって、該当国は自国通貨の価値が下がることや新興国では自国通貨を使わずにLibraが使われることに対する経済流通に懸念を示しているのです。

Libraで世界経済は変わるか

まだスタートしていませんが、すでに議論を呼んでいるLibra。今後世界の経済状況や常識を変える「ロンギヌスの槍」となるのか注目です。

こちらの記事もご覧ください。