アピタ・ピアゴがドンキの電子マネー「マジカ」に対応!ユニコカードはどうなるのか

shop2

2020年春から、ユニーが運営する「アピタ」・「ピアゴ」にてドン・キホーテ系列オリジナルの電子マネー「majica」の利用が可能となります。それに伴いユニコカードが今後廃止になるとの話も。majicaとはいったいどのようなものなのか、ユニコカードは今後どうなっていくのかご紹介します。

majica(マジカ)カードとは

ドン・キホーテ系列オリジナルの電子マネー機能がついたカード

マジカは2014年3月に誕生した電子マネーカードです。必要に応じチャージを行うことで、繰り返し利用が可能となります。チャージした際には、チャージ金額の1%ぶんのポイントが付与。また、利用実績に応じた特典も用意されているお得なカードです。

公式HPによるとマジカの由来は「Miracle Amusement Jonetsu Intelligent CArd」で、直訳すると「ミラクルでアミューズメントな”情熱”溢れる賢いカード」とのこと。

豊富な特典、お得な特典を活用することで、賢く素敵なお買い物ができるでしょう。
年会費は無料で年齢制限もなし。初期費用として100円(税込)かかるものの、マジカへ会員登録をすると100ポイント付与されるため、実質無料となります。

マジカへの会員登録は、majicaアプリやClub Donpenモバイル、店舗設置の情報登録端末(一部店舗を除く)などで行えます。購入後はすぐに利用できるため、すぐお得にお買い物を楽しめますよ。

アピタ・ピアゴにもmajicaサービス対応!ユニコカードはどうなるか

2020年春からユニーが運営する総合スーパー「アピタ」・「ピアゴ」にもマジカのサービスが適用されます。ユニーの電子マネー「uniko(ユニコ)」の一部サービスをマジカに移行し、マジカの利用可能店舗が600店舗以上増えるのです。

それに伴い、ユニコカードの利用は2020年4月30日をもって終了となります。また、2019年12月31日には販売を終了、2020年3月31日には現金チャージの受付も終了です。

ファミマでも馴染みのあったユニコカードが利用できなくなるのは、愛用者にとっては寂しいですね。ただ、今後はマジカでお得なお買い物ができるようになるため、そちらを活用していきましょう。

majicaアプリも合わせて使いたい

マジカはアプリの提供もあります。アプリ上で購入した商品の履歴確認も可能です。何に使ったか見返すことができれば、電子マネーでも浪費を抑えられますね。

出典:
総合ディスカウントストア ドン・キホーテ
電子マネーユニコ

こちらの記事もご覧ください。