「シャオミー(Xiaomi)」が日本市場参入!中国のスマホ?アップル?どんな会社?

2019年12月9日にシャオミーが日本市場に参入・進出することが発表されました。日本人にはあまり馴染みのない会社ですが、スマホの世界出荷台数では4位につけているメーカーであり、AIoTの分野で大きく成長している企業です。シャオミーとはどんな会社なのでしょうか。

AIoTについては下記をご参考ください。

低価格ハイスペックなスマホで人気に

シャオミー は2010年に創業された会社で、アップルを意識したマーケティングで人気が出ました。既存の大手メーカーより安く、デザイン性に優れスペックが高い。シャオミは製品のアピールを「アップル製品と同等」というような比較の仕方を行なったため、中国のアップルというイメージがついています。

今でこそHuaweiなどの中国メーカーのスマホでもハイスペックな製品が中心となっていますし、ゲーミングスマホではむしろ日本よりも中国製品の方が進んでいるとも言えます。しかし、数年前までは中国製のスマホといえば粗製乱造、パクリ製品というイメージがありました。 シャオミー はこの風潮に一石を投じ「消費者から支持されるのは低価格高品質スマホである」ことを証明したのです。

最近では全面ディスプレイのMi MIX Alphaや1億800万画素カメラを搭載したMi Note 10が話題になりました。

日本の携帯電話市場がSIMロックが撤廃され、大幅な割引が撤廃されたことで新規参入がしやすくなったことが、 シャオミー の日本参入のきっかけとなっているようです。

スマホだけではないAIoT企業として成長中

シャオミー は現在はスマホメーカーというよりは、AIoTテクノロジーを総合的に開発する企業として事業を展開しています。スマホに関しては中国の他メーカーもハイスペック機を出すようになり、差がつきづらくなっているのです。スマホに限らずスマート家電やTV、ウェアラブルデバイスなど、AIとIoTを組み合わせたAIoT分野での製品を積極的に世に出しています。スマートウォッチ市場では2019年第一四半期の売り上げでアップルを抜き世界一となりました。

日本だけでなく全世界に展開中

これまではアジアでの展開が中心だった シャオミー ですが、今後は欧米への進出も強化していくようです。2017年11月にはスペイン、2018年5月にはフランス、そして2019年12月9日に日本へ進出します。先進国ユーザーにも満足してもらえる製品であることへの自信の表れと見ることができます。

Huaweiが米国から制裁を食らっていますが、 シャオミー に関しては今のところその心配はない様子。今後米国での展開も予定しているようです。

こちらの記事もご覧ください。