外からリアルタイムで室温を確認!ハブ連動でエアコンの自動操作もできる「SwitchBot 温湿度計」

外からリアルタイムで室温を確認!ハブ連動でエアコンの自動操作もできる「SwitchBot 温湿度計」

今回紹介するのは「SwitchBot 温湿度計」です。単体だと、温度計と湿度計。そして数分単位で設置した場所の温度湿度のログを取得する。ちょっと便利なデジタル温湿度計と言ったものです。

真価を発揮するのは、以前紹介した「SwitchBot ハブミニ」との連動です!連動すると本機を設置した場所の温度・湿度を外からリアルタイムで取得できます。

例えば自宅にいるペットの部屋、離れのガレージ、地下室、ワインセラー、温室、ビニールハウス、倉庫、などなど。

「離れた場所にあって極端な温度や湿度の上下があると困る」という場所の監視に最適なガジェットです。

まずはパッケージ。本体同様かなり小型です。

パッケージ

同梱物はマニュアル、単4電池2本、壁に設置用のマグネットシートです。

同梱物

ちなみに本体裏にも磁石が内蔵されているので、冷蔵庫などには マグネットシート なしでくっつきます。

マグネットが付く壁であればシートなしでそのままくっつく

本体は、ちょっと分厚いキッチンタイマーと言ったサイズ感です。

ちょっと分厚いキッチンタイマーのようなサイズ感

液晶にバックライトはありません。また正面から以外の視認性はあまり良くないです。 数字の線が細いのも要因の1つですかね。

温度・湿度のセンサーは個体の上部にあります。

温度・湿度のセンサー部分

セットアップ方法は、毎度おなじみ 『 SwitchBot』 を利用します。

温湿度計を追加
温湿度計を追加

本体裏にあるボタンを長押し。液晶画面右上にBluetoothのアイコンが表示されたら、アプリのメニュー→「デバイスの追加」→「温湿度計」を選択しましょう。

一覧に追加されたら「温湿度計」右上にある歯車アイコンをタップ→「クラウドサービス」からクラウドサービスをONにしましょう。

クラウドサービスは有効にしておこう
クラウドサービスは有効にしておこう

これで「Google HOME」と「Amazon echo」と連携できます。連携できますが、「Google HOME 」には温度・湿度の読み上げる機能がありません。

「Amazon echo」 は「今の室温は?」で温度は読み上げてくれますが、湿度の読み上げは対応していません。

うーん若干の片手落ち…「Google Home」の温度計はサーモスタットつまりエアコンなどの一種扱いなんですよね…。今後の改善に期待です。

記録している温度・湿度の確認方法は、左下の温度・湿度をタップしましょう。

設置場所の温度・湿度のログ
設置場所の温度・湿度のログ

ログは、時間・日・週・月の単位で確認できます。ちなみにこの温湿度計のログですが 「SwitchBot ハブミニ」 と連携した場合、SwitchBotのアカウントに無期限で保存されます。

こちらの記事もご覧ください。