Facebook Payが登場!果たしてどんなサービス?

Facebookが同社のサービス内の決済機能「Facebook Pay」をスタートしています。2019年11月12日に米国で先行して導入され、今後世界中にサービスを拡大予定ということです。日本の導入時期は未定ですが、Facebookによって何が可能になるのかご紹介します。

基本的にはFacebook社のサービスに使える決済方法

Facebook PayはFacebookのマーケットプレイス、Instagramでの商品購入、メッセンジャーやWhatsAppでの送金に使える決済アプリです。キャッシュレスと同様に語られることがありますが、リアル店舗での決済や電子マネーとして使えるわけではないので別物です。あくまでFacebook社の提供するサービス専用に使用することができます。

ですので、Facebookが参画しているリブラとも別物です。リブラはドルなどの法定通貨とペグした暗号資産であり、Facebookが発行する通貨そのものなのです。FacebookとしてもリブラとFacebook Payは別物だと語っています。この本質を理解するためにはFacebook Payは決済手段、リブラは通貨ということを認識する必要があるのです。

別物とはいえ、今後何らかの形で連携される可能性は非常に高いといえます。Facebook内での決済が盛んになった状態でリブラを決済通貨として導入すれば、リブラのシェア拡大がたやすくできるからです。

Instagramの決済が便利になる

Facebook Payはモノを購入したり送金したいユーザーにとっては、アカウントをPayPalやクレジットカードと紐付けるだけなので利用のハードルが低いです。しかし日本のユーザーが現在使用できるマネー系のFacebook内サービスは、楽天銀行ユーザーの送金サービスと寄付を集める機能だけ。販売グループにも購入機能はありません。日本でFacebook Payが導入されるかわからないし、導入されても使い道がなさそうという声が聞こえてきそうです。

そんな中一番実現可能性が高いのがInstagram内での購入機能です。これまではInstagramの投稿から商品を購入する場合、ECサイトにジャンプして購入手続きをしなければなりませんでした。Facebook Payを登録しているユーザーはこれが解消され、外サイトにジャンプせずそのまま購入できる可能性があります。

InstagramはFacebookのグループ企業です。このように関連会社の決済機能をすべてFacebook Payに集約することで、Facebook経済圏を作り上げることがマーク・ザッカーバーグの狙いとわかります。

まずはFacebook Payが米国で成功するか

米国はガレージセール文化と言われており、家の前で不用品を売ったりするのが一般的です。さらにFacebookが本人証明の手段としての信頼度が高い風潮があるため、日本よりはFacebook Pay決済が受け入れられやすそうに感じます。まずはユーザー同士のP2P(ピアトゥーピア=直接取引のこと)の用途として、送金やマーケットプレイスでの活用状況に注目です。

こちらの記事もご覧ください。