遂にPayPayがタクシー配車サービスを開始!

流行語の中にも「〇〇ペイ」がノミネートされていましたが、そのペイブームの火付け役こと『PayPay』の進化が止まりません!

テレビCMでも話題ですが最大20%相当が戻ってくる『PayPayモール』や『PayPayフリマ』がYahoo!の中にオープンしたり、『PayPay』上で”わりかん”ができたりと使いやすいサービスが続々。私も気がつけばコンビニで買い物するときには、ほとんどが『PayPay』になりました。この1年であっという間に身近になっていたのがすごい……!

さらに、2019年11月から『PayPay』でタクシーが呼べるになったというじゃないですか! あと5年もしないうちにお財布を持たないライフスタイルが当たり前になりそうですよね。うーん、どうなるんじゃ!(笑)ということで、今回は『PayPay』で新しくスタートしたタクシー配車サービスについてお伝えしていきます。

『PayPay』でできること

冒頭でもちょっと触れましたが、『PayPay』でできることが増えすぎ!(笑)

PayPay

バーコードを使ったキャッシュレス決済は対応店舗が急激に増えて、去年の今頃はビッグカメラくらいでしか使えませんでしたが、この1年でコンビニはもちろん、大手スーパーや多くのチェーン店で使えるようになりました。

ちなみに公共料金の支払いも可能に。詳しくはこちらの記事でチェック!

さらに!

お金の送金と受け取りもできるってご存知でしたか? 大人同士ではあまり使うシチュエーションはないかもしれませんが、例えば子供のお小遣いを『PayPay』で! なんてのも可能になるということ。「今月は1000円ね」と1000円札を渡すのではなく、スマホに送金できちゃうんです。あぁ未来を感じる。

編集部追記:会社内では忘年会の幹事さんが立て替えておいて、集金時にメールで自分のIDを伝えておくと、現金で渡す手間が省けて「送金」と「受け取り」がラクになりました(笑)

他にもわりかんもできるので、飲み会のお会計で「あ、細かいのないから~」なんて誰かがちょっと多く支払っちゃったりなんてこともなし。個人的には、あまりお酒の量を飲まないから、きっちり等分されるよりも飲み会の時は「飲んだ人が飲んだ分だけちゃんと払ってよ~」って思っちゃうたちなんですけどね(笑)。

1年でこれだけいろんなことができるようになった『PayPay』ですが、遂にタクシー配車サービスも開始したらしい……果たしてどんなサービスなのでしょうか?

タクシー配車サービス自体も飽和状態?

タクシーといえば、これまで手をあげて止めるか、電話で呼ぶか、駅のタクシー乗り場で待つかしかありませんでした。しかしタクシー配車アプリを使えば「ここにきて」という場所にタクシーを呼ぶことが可能に。

どんなサービスがあるかは、こちらの記事も参考にどうぞ!

私もこの記事を書かせてもらってから愛用しているのが『JapanTaxi』なのですが、領収書はPDFでまとめてダウンロードできるし、アプリ内にクレジットカードを登録しておけば、アプリ内で決済もできるのでめっちゃ楽なのです。

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

『PayPay』は、タクシー配車サービスの『DiDi』と自動連携する仕組み。『DiDi』のアプリがなくても『PayPay』のアプリだけでタクシーを呼べちゃうんですっ

では、実際にどうやって使うかご説明いたしましょう。

どうやって使うの? 実際にアプリでタクシーを呼んでみようっ

では実際にタクシーを呼ぶ方法をご説明しましょう!

PayPayを使ってタクシーを呼ぶ方法

1. 『PayPay』アプリを起動

2. アプリ内の「タクシー配車」をタップ
(初期設定で連動する同意を求められます)

3. 『DiDi』の表示になったら、目的地を設定

4. 乗車地点を選択

5. 待ち時間が表示され、問題なければ「注文する」をタップ

あとは到着したタクシーと注文内容を確認して乗車すればOK。もちろん決済は『PayPay』でできちゃうので、お財布がなくてもタクシーを呼べちゃいます。

注文してから平均して10分くらいの待ち時間があるので、もうタクシーに乗ることが確定しているのであれば、出先からアプリで頼んでしまえばその場で待つ時間も少なくて済むのでいいですよね。

マルチ機能化するPayPayは嬉しい?

あと、1つのアプリがマルチ機能化してくれるのはとっても有難い! それぞれで会員登録する必要がない(実際はしているんだけどw)というのは、手間が省けてラクですよね。どんどん楽な暮らしになって、それはそれでどうなの? と自問自答してしまうわけですが(笑)、まずは使ってみていらなかったからやらない! と、自分のライフスタイルに合わせて使い分けられるようになりたいですね♪

こちらの記事もご覧ください。