マイナンバーカードでポイント25%還元!どんな仕組み?キャンペーン内容は?

あなたはマイナンバーカードをお持ちですか?

私は持っていません! 免許がない私は、いまだに住基カードで2020年12月で期限が切れてしまうため、免許をとるかマイナンバーカードを作るかでここ数年悩んでいました。最近『水曜どうでしょう』にハマってしまった私は、「スーパーカブに乗りたい!」という気持ちから、来年免許をとることを決心(と言っても、原付免許ですw)。そのため、マイナンバーカードとは無縁の生活になってしまうと思っていたのですが、ここにきて「ポイント制度」ができたというではないですか。……政府のお金、つまり税金がポイントで還元される? ん? なら8%に消費税戻せば? と思ってしまったのですが、今回は2020年9月からスタートする予定の『マイナポイント』についてご紹介します。

マイナンバーカードって何ができるの?

https://www.kojinbango-card.go.jp/

そもそも。マイナンバーカードって何ができるかご存知ですか?

マイナンバーカード総合サイトの「6つのメリット」によると、

・マイナンバーを証明する書類として
・各種行政手続きのオンライン申請等に
・本人確認の際の身分証明書として
・各種民間のオンライン取引等に
・様々なサービスがこれ一枚で
・コンビニなので各種証明書の取得に
(住民票の写し/印鑑登録証明書/住民票記載事項証明書/各種税証明書/戸籍証明書/戸籍の附票の写し)
※お住まいの市区町村によりサービスの内容が異なります。

と6つのメリットが記載されていますが、正直なんのこっちゃか。。証明は、免許証があるならいらないし、各種行政手続きも役所に行けばできるし、そもそもなんでこんなカードを作ったの? 目的がよくわからないですよね。

ちなみに、マイナンバーカードの有効期限は、

・20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日
・20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日

と、まあまあ長く、かつ発行は当面【無料】。ただし、紛失等による再発行には手数料が発生します。別途、掲載するための写真も必要なので、申請ついて詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。

でも気がついたら勝手に個人番号が割り当てられてて、カード作れって勝手すぎない? と思うのは、私だけでしょうか。しかもこのご時世にカードって。。物的なものを持たない時代になってきている中、どうしてカードを作る必要があるのでしょうか?

なんだか愚痴ばっかりになりそうなので(笑)、ひとまず2020年9月からスタートするポイント25%還元についてお伝えしていきましょう!

最大5000円が戻ってくる? マイナポイントってなんだ?

2019年11月に放送されたものですが、上記をご覧いただけばなんとなくの流れがわかると思います。手順としては、

1.マイナンバーカードを発行
2.マイキーIDを取得
3.キャッシュレス対応のICカード等とマイキーIDを連携
4.いつもと同じようにチャージ(現金チャージ)
5.ポイントとして買い物金額の25%、最大5000円が戻ってくる

ということなのですが、5000円のために「マイナンバーカード」を作って、ウェブで申請してマイキーIDを発行して、ID認証できるカードリーダー使って登録してってやるかな……(笑)。そもそも家庭には、ICカードを読み取るリーダーなんてないからなぁ。

ちなみにこの『マイナポイント』は、国から付与されるポイントのことで、詳細については、実施される2020年9月まで検討され決まり次第順次お知らせされるとのこと。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/promotion/

さらに『自治体ポイント』というのも合わせてスタートするようで、自分のクレジットカードやマイレージを自分の好きな「自治体ポイント」に交換・合算ができるんだとか。

https://www.point-navi.soumu.go.jp/point-navi/

ついに税金を使ったポイントサービスが始まるっていうわけです。必死に稼いで、税金を納めている私からするとそれなら消費税8%に戻して欲しいな~というのは拭えません。。。なんかあんまりお得な気がしないと思うのは私だけなのかな? もしポジティブに「いいじゃん!」と思える方がいらっしゃいましたら、ご一報ください(笑)。

2020年9月からスタートするけど、果たして?

以前放送されためざましテレビの調査によると、50人を対象に「マイナポイント」を利用するためにマイナンバーカードを作るか? という質問に対して72%が「作らない」と答えたそうです。

理由の中には「個人情報の漏洩が怖い」という意見もあり、その不安はどこでもつきまとうな~と感じました。新しいサービスを生み出すことに対しては悪い感情は全くありませんが、なんとなく大人たちの思惑がちらついてしまって、「本当に素晴らしいサービスだから使ってよ!」というものには思えません。

限られている「税金」の使い道。真剣に政府の皆さんには考えてもらいたいと思いつつ、国民のひとりとしてうやむやにせず、「反対」と思ったらしっかり意見を言える人間でありたいなとこの記事を執筆しながら思ったのでした。うん、私は反対! しっかり免許とって、証明書に困らない人生にしてやる~~!(笑)

あなたは、マイナポイントに賛成ですか? 反対ですか?

そしてカードは作りますか? 最大5000円のキャッシュバックはもらいますか?

こちらの記事もご覧ください。