ノマドワーカー必見!活用したい無料コワーキングスペース

work

出先で仕事をするなら、電源とWi-Fiは必須ですよね。とはいえ毎回、有料のスペースを借りていては支出もバカになりません。そこで、フリーランスや会社員など外で仕事をする機会が多い人に嬉しい、電源とWi-Fiのある無料コワーキングスペースをご紹介します。無料のスペースでも十分、快適に仕事ができる環境が整っているため安心して仕事を進められますよ。

コワーキングとは

コワーキングスペースをご紹介する前に、そもそもコワーキングってなに?となっている方もいるでしょう。コワーキングとは「互いのアイデアや情報を交換し、仕事の質を高める働き方ができる場所」と、朝日新聞掲載「キーワード」にて説明があります。共有のスペースを利用し、それぞれ価値有る情報交換や仕事を行うのです。

ノマドワーカーに嬉しい無料コワーキングスペース4つ

Lancers「新しい働き方LAB」

クラウドソーシングサービス事業を展開するLancersが提供するコワーキングスペース。渋谷駅から徒歩3分ほどの場所にあり、ランサーズ会員であれば無料で利用することが可能です。平日営業であるものの不定期でお休みとなることもあるため、公式ホームページを確認しておくことをおすすめします。

営 業:平日9:00-18:00 ※日により異なる
休館日:土日祝 ※日により異なる
最寄り:渋谷駅

必要なもの:Lancersアカウント
ホームページ:https://www.lancers.jp/lab

Yahoo!JAPAN「LODGE」

東京メトロの永田町駅から直結という好立地にあるYahoo!JAPANが提供するコワーキングスペース。コワーキングスペースの他にも、カフェやレストラン、キッチンなど施設が充実しているため、複数人で行くのも良いですね。食事・ドリンク・仕事道具は持ち込み自由のため、本腰を入れてコワーキングスペースで仕事を進めたい人にもおすすめです。

営 業:9:00-21:00(受付終了20:30)
休館日:年末年始、毎月第一日曜日、不定休
最寄り:東京メトロ 永田町駅から直結、赤坂見附駅より徒歩1分

必要なもの:Yahoo!JAPAN IDへのログイン
      LODGE入館システムへの事前登録
      身分証明書
ホームページ: https://lodge.yahoo.co.jp/index_pc.html#Concept

Amazon「AWS Loft Tokyo」

AWS利用者や開発者向けのコワーキングスペースです。目黒駅より徒歩1分ほどの場所にあり、予約不要で利用可能。ディスカッションやグループワークができるスペースだけでなく、電話用のブースやカフェの併設もあります。さらに、「Ask An Expert カウンター」では、AWSジャパンの技術者が常駐しており、相談に乗ってもらうことも可能です。

営 業:平日10:00-18:00(受付終了17:30)
休館日:土日祝
最寄り:目黒駅

必要なもの:AWSアカウントID
      身分証明書
ホームページ: https://aws.amazon.com/jp/start-ups/loft/tokyo/

Gaiax Community

自由に利用できるシェアスペースの豊富さが魅力のコワーキングスペース。シェアスペースとして、屋上テラスやカンファレンス・サロン・キッズルーム、コミュニティラウンジ、レストランなどが開放されています。コミュニティラウンジでは、Wi-Fiや電源だけでなく、モニターやホワイトボードも無料で利用可能です。多目的スペースにはハンモックがあるのも魅力のひとつ。

営 業:コミュニティラウンジの場合、平日土日9:00-23:00
休館日:Nagatacho GRiDのシェアスペースはなし。平日・土日・祝日・年末年始・長期連休問わず毎日オープン。
最寄り:東京メトロ 永田町より徒歩2分、麹町駅より徒歩7分、赤坂見附駅より徒歩5分

必要なもの:Gaiax Communityの登録
      Facebookアカウント
ホームページ: https://www.gaiax.co.jp/community-guideline/

学生のみ無料のコワーキングスペースもある

「賢者屋」や「Doer」など、学生限定で無料とするコワーキングスペースの提供もあります。コワーキングスペースの提供は企業として、コミュニティスペースを活用してもらえるだけでなく、将来を担う人材の育成にも繋がります。コワーキングスペースやそれに関わるサービスの提供は、社会貢献も目的としているのでしょう。

こちらの記事もご覧ください。