LINE PayとLINEアプリで銀行振込が可能に!気になるサービス内容と使い方を解説

line

振込のためだけにATMに並ぶのって面倒じゃないですか?
LINE PayとLINEアプリを活用すれば、並ぶ必要もなくなりますよ。キャッシュレス決済初の銀行振込サービスの提供を開始したLINE PayとLINEアプリ。アプリ間での送金だけでなく、銀行にも送金できるようになるとは便利になりましたね。

スマホのキャッシュレス決済サービスで銀行振込ってどうするのだろう?と疑問を持つ人もいるでしょう。そこで、LINEが提供する銀行振込サービスの内容と使い方をご紹介します。

キャッシュレス決済で初!銀行振込サービスの概要

2019年12月9日よりLINE PayおよびLINEアプリにて、銀行振込サービスを利用できるようになりました。これまでのキャッシュレス決済にはなかった銀行振込サービス。アプリ間での送金だけでなく、実際に銀行へ送金できるようになります。銀行振込が必要な支払い、仕送りが有る場合、スマホひとつでお金を送れるようになったのです。

LINE PayとLINEアプリで銀行振込をするには

LINE PayおよびLINEアプリでの銀行振込に必要なものは、送金先の口座番号と送りたい金額分のチャージです。

銀行振込の流れ(LINE Payアプリの場合)

  1. LINE Payを起動
  2. メニューから「送金」を選択
  3. 口座に振込の「送金・送付」を選択
  4. 口座番号をタップして必要事項を入力
  5. 次へをタップし、送る金額を設定
  6. 「送金・送付」をタップ
  7. 必要事項を確認したら「確認」をタップ
  8. パスワードを入力して送金完了

チャージ分を上回る送金はできないため気をつけましょう。また、振込の上限は1日10万円で、手数料は176円(税込)かかります。

LINE Payでの銀行振込はiPhoneとAndroidどちらにも対応しており、LINEアプリでの銀行振込はAndroidのみの対応。振込できるのは、本人確認を終えたMoneyユーザーのみのため注意が必要です。

送金を受け取るには?SMSもしくはメール

口座番号がわからない相手やLINE Payアカウントをもっていない相手でも、電話番号もしくはメールアドレスがわかれば銀行振込の送金が可能です。SMS・メールに送金のリンクが送られるため、受け取る人はリンクをクリックして必要な項目を入力していけばOK。ただ、受取時に口座情報の入力に誤りがあると、送金した相手に送金額と手数料が返金されます。

ATMの行列も手数料も営業時間も気にしないで良い

ATMで並ぶ時間も不要、手数料も176(税込)円のみ、銀行が開いている時間を気にする必要もなし。拘束や制約の多かった銀行振込が自由にできるようになったことで、スムーズにお金のやり取りができますね。

出典:LINE
   TC

こちらの記事もご覧ください。