【FAQ】フリマアプリでリセット済みの中古スマホを買ったのですが「アカウント確認」と表示されて使えません。どうにかなりますか?

【FAQ】フリマアプリでリセット済みの中古スマホを買ったのですが「アカウント確認」と表示されて使えません。どうにかなりますか?

Q:フリマアプリでリセット済みの中古スマホを買ったのですが「アカウント確認」と表示されて使えません。どうにかなりますか?

A:出品者に送り返して解除してもらいましょう。Androidのセキュリティ機能の1つなのでこの状態から突破する方法は基本的にはありません。

フリマやオークションアプリで「リセット済み」と記載があるスマホを購入して起動させたら「アカウント確認」という画面が表示され何もできなくなった。という事があるそうです。

この「アカウント確認」ですが、正規の手順以外の方法で初期化された場合に機能するAndroidのセキュリティの1つ「Device Protection(端末保護)」です。

「設定」の「初期化」以外の方法、具体的には「ファクトリーリセット」や「強制初期化」で初期化すると機能するようになっています。

こういう画面で強制初期化をかけるとセキュリティが起動する
こういう画面で強制初期化をかけるとセキュリティが起動する

これは、盗まれた・落としたスマホを第三者が自由に利用できないように!という類のセキュリティです。

「設定」→「バックアップとリセット」→「データの初期化」の手順で初期化した場合には発生しません。

正規の手順で初期化であれば問題なし
正規の手順で初期化であれば問題なし

そのためこの状態の端末は、リセット前に利用していたGoogleアカウントでログインしない限りスマホを再利用することはできません。

もし落札した端末を起動してこの状態だったら、出品者に連絡して送り返し解除してもらってください。他に突破する手段は基本的にはありません。

基本的にということは応用的にはあるのでは!とお思いの方、一応あります。しかし、端末やOSによって操作がことなる、 adbコマンドを利用するなど技術的な敷居がかなり高いです。なお失敗すると文鎮化する可能性もあります。

というわけでフリマやオークションアプリで中古のスマホを買う場合は十分に気をつけましょう。

心配な方は出品者に、 「アカウント確認」がでないか動作確認してもらうといいと思います。

なお「アカウント確認」は 初期設定の「Wi-Fi」の設定直後に表示されます。また、「アカウント確認」 状態になっているとWi-Fiの画面がスキップできないようです。

次回は、フリマやオークションにスマホを出品する際のスマホの初期化方法をご紹介したいと思います。

こちらの記事もご覧ください。