ビジネスに役立つスポーツ作品~映画好き女がオススメする、男の為の映画塾~【第一回】

はじめまして。映画好きライターのつるたと申します。

30代半ばの子なし人妻ですが、人生で戸惑った時にはウディアレン監督の『アニー・ホール』を見るという、若干めんどくさめな女です(笑)。

「映画が好きでよく見る」と言うと「おすすめを教えてよ~」とか「泣ける映画は?」なんて聞かれることが多いのですが、いやいや、そんなの好みによって違うし、私は『男はつらいよ』で号泣しますけど、あなたと私の感動ポイントは一緒ですか? と聞きたくなってしまうのです(笑)。

ということで、今回から連載させていただく『映画好き女がオススメする、男の為の映画塾!』では、ざっくりおすすめ映画を聞いてくる男性の皆さんに、テーマごとに私がおすすめする映画をご紹介させていただきます。第一回はビジネスに役立つスポーツ映画というテーマでお送りします。映画なんて2時間ちょっと。無駄な会議に出たり、居酒屋さんで何度も聞いたような昔の自慢話するくらいなら、映画見て、人間力高めようぜっ!!

スポーツ映画の人気ランキングは下記をご参考ください

簡単に言えばメジャーリーグ版『ノーサイド・ゲーム』です。かっこいいGMブラピを堪能『マネーボール』

2019年のラグビーブームで池井戸潤さん原作、大泉洋さん主演『ノーサイド・ゲーム』にハマったという方も多いのではないでしょうか? 実は私もはまりました(笑)。選手たちからも会社からも、叩かれてしまうGMこと大泉洋さん演じる君島くんに感情移入しながら見ていたという人も多いと思います。そんなGMをブラピが演じていたら? というのが今回最初にご紹介する『マネーボール』(2011年公開)。

ノーサイド・ゲーム Blu-ray

  • 大泉洋, 松たか子, 上川隆也
  • アミューズ
  • 価格¥22,396(2020/10/28 時点)
Amazonで商品を見る

実話を基にしたストーリーなのですが、大学進学しようとしていたところアスレチックスにスカウトされ、そこから球界入りしたビリー(ブラッド・ピット)。その後、良い成績を残せぬままGMへと転向し、それだけでも珍しいのに、データ分析を重視した「マネーボール理論」の戦略でチームを勝利へと導いていくストーリー。

一言で言うならば、メジャーリーグ版『ノーサイド・ゲーム』。『マネーボール』が先に公開されているのですが(笑)、時代的にそう説明した方が分かりやすいと思いまして。今ある組織、常識を何も疑わず「俺がやったところで」と諦めてしまう人がほとんどだと思うのですが、ブラピは違うんですよ~。ジーンズのCMをしていた頃からちょっとピークを過ぎて、渋みの増したブラピを見れるだけでも価値は十分なのですが、常識をぶっ壊していく様はこちらも気分が上がります。ストーリーは1990年代後半から2000年代前半のメジャーリーグ界の実話を基にしているので、ブラピが演じたビリー・ビーンは現在もご健在。あのイチローも画面にちょろっと出てきますよ!

全体的に感動させますよ~という雰囲気よりも、史実に基づき着実にストーリーが展開されていくので、何も知らなかった私はとってもハラハラしました。あと個人的には、データ分析を手伝ってくれるピーター(ジャナヒル)がめっちゃよかった。こういう部下というか、自分の夢を実現するために弱点を補ってくれる関係になれる人がいるというのはこんなにも心強く仕事ができるんだなというのを感じました。仕事において、自分の信念を貫くというのは誰もができることではないですよね。逆境をどう味方につけて、自分の武器にしていくか『マネーボール』は教えてくれます。

また、娘の存在もめちゃくちゃデカい! 娘が歌う「あの曲」がめちゃくちゃいいので、娘が仕事を頑張る原動力になっているというパパさんにもぜひ見てもらいたい作品です。

《こんな人におすすめ》

・中間管理職で毎日つらい
・娘が仕事を頑張る原動力になっている
・「俺はまだやれる」と思うけど、やり方が見いだせていない
・周りから期待されていない部署だけど、いつか見返してやりたいと思っている

マネーボール (字幕版)

  • Brad Pitt, Jonah Hill, Philip Seymour Hoffman, Robin Wright, Bennett Miller, Michael De Luca, Rachael Horovitz, Michael DeLuca
  • 価格¥1,500(2020/10/28 時点)
Amazonで商品を見る

花を咲かすも枯らすも、愛次第?『しあわせの隠れ場所』

こちらも実話を基にした作品。日本では2010年に劇場公開された作品です。

この作品は、セレブな生活をおくっていたサンドラ・ブロック演じるリー・アン・テューイが雨の中行くあてもなくふらついてたマイケル・オアー(クィントン・アーロン)に声をかけ、ホームレス状態だった彼を家族として受け入れるところから始まります。そのまま、路上で暮らしていたらギャングになっていたかもしれない……でも誰よりも心優しい彼に、アメフトの才能を見い出し、大学進学そしてドラフト1位指名を得られるほどの選手に成長していく物語です。

家族とのシーンが多いので、「どうビジネスに?」と思う方もいるかもしれませんが、この映画を見ていて感じるのは「見返りを求めない愛」の数々。皮肉に思う人は「セレブだし、どうせお金があったからでしょ?」なんて思うかもしれませんが、お金の豊かさはだけでは語れない、心の豊かさについても教えてくれる作品でした。ちなみにリーの夫ショーン・テューイは、なんとあのタコベルなどの飲食店を経営する事業家さん。タコベルを見る目が変わりました(笑)。あと末っ子のSJが本当に可愛いのでみて欲しい〜!!

本当の愛と本当の幸せを突き詰めていくと、こんなにも心が豊かな信頼関係が築けるのだと感じさせてくれる作品です。コミュニケーションに困っていたり、どうやって部下と接しようか悩んでいるなら『しあわせの隠れ場所』を見て、自分のことを客観視してみるといいかもしれませんよ♪

《こんな人におすすめ》

・子供との関係に悩んでいる
・信頼関係の築き方がわからない
・本心を見せない部下や同僚を助けたいと思うけどどうしたらいいかわからない

しあわせの隠れ場所 (字幕版)

  • サンドラ・ブロック, クィントン・アーロン, ティム・マッグロウ, キャシー・ベイツ, リリー・コリンズ, ジェイ・ヘッド, ジョン・リー・ハンコック
  • 価格¥299(2020/10/28 時点)
Amazonで商品を見る

高校生でもできるんだから、あなたも大丈夫。 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

こちらの映画「どうせアイドル映画でしょ?」と侮るなかれ!

ぶっちゃけ、映画の後半は甲子園を題材にしているのでドラマ要素が強くなってきて「…しんどい」となりますが(笑)、前半でドラッカーの『マネジメント』要素を解説して、主演の前田敦子さんが努力しながら実践していく流れはスムーズで素晴らしい。私自身、『もしドラ』も『マネジメント』も読んだことはなかったのですが、この映画を見てマネジメントのエッセンシャル版(初心者向けの本)を買ってしまいました。まだ読んでいる途中ではありますが、一度映画を見ているので、ふに落ちる速度が早い気がします。もしまだ『マネジメント』を読んだことがないんだよなぁ~でもいつか読んでみたいんだよな~という方がいるなら、こちらをご覧ください!

2011年公開の映画なのですが、前田敦子さんと峯岸みなみさんの初々しさを堪能できますし、今をときめく池松壮亮さんに野村周平さんもいらっしゃるのはもちろん、今回2度目の登場大泉洋さんも出演されています(笑)。

《こんな人におすすめ》

・甲子園が好き
・AKBグループが好きな人
・ドラッカーの『マネジメント』が気になる
・チームのまとめ方に悩んでいる
・ちょっと早く帰宅できて時間が余ったな~だらだらしているのが無駄だなという時

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 前田敦子, 瀬戸康史, 峯岸みなみ, 池松壮亮, 川口春奈, 西田尚美, 青木さやか, 石塚英彦, 大泉洋, 田中誠, 岩崎夏海
  • 価格¥2,000(2020/10/28 時点)
Amazonで商品を見る

今回は3本、紹介してみました。もし気になるものがあったら、サブスク活用して作品をチェックしてみてくださいね♪

その他、人気の映画ランキングはこちら

こちらの記事もご覧ください。