6Gとは?5Gとどう違う?6Gのある世界とはどんな世界か説明

2030年の実用化に向けて各国企業による6Gの開発が始まっています。3Gから4G、5Gと進化するたびに、消費者としては「通信速度が速くなった」程度の実感しかないように思います。6Gではいったいどのような進化があるのか現段階での見込みを紹介します。

5Gについてはこちらをご参考ください。

やはり通信速度は高速化する

現在導入が始まったばかりの5Gは10GB/秒の通信速度です。これが6Gになると10倍の100GB/秒になると言われています。ちなみにまだ一般的な4Gは1GB/秒程度なので、6Gになると現在の100倍の通信速度が実現できるというわけです。

さらに10年後は現在よりもさらにIoTが進み、あらゆるものがネットに接続される時代となります。そのためwebに接続されるデバイスの数が5Gの容量だとパンクしてしまうため、接続可能数も増える見込みです。5Gだと100万台/1㎢だったものが、6Gだと1000万台/1㎢となります。

このように現在と比べてとにかく速く、どんなに接続してもパンクしないのが6Gといえますが、10年後には人々が日常的に行う通信データ量自体も今とは比較にならないほど大きくなっていることが予想されます。そのため、2030年に「6Gってすごい!」と消費者が実感できているかは疑問です。

6Gで可能になるテクノロジー

とはいえ、6Gの通信速度で実現できるテクノロジーもあります。まず、あらゆるものがIoT化しインターネットに接続していることを実感せずに使用することが可能になるのです。これまではタイムラグが発生することが珍しくありませんでしたが、6Gではあらゆるものがシームレスにネットと連動し始めます。

これまでは不可能だった処理落ちがない動画でのリアルタイム通信も6Gなら可能です。従来の単なるビデオ通話ではなくVRやARの技術をリアルタイムに落とし込んだ表現が可能になります。具体的には日本にいる人がARのリアルタイム転送で米国の会議室内にいるかのように会話したり、国際会議で登壇したりという表現も珍しくなくなるでしょう。

現地に人が行かなくてもいいサービスは6Gの時代に大きく発展することが予想されます。

通信技術の進歩は止まらない

6Gの開発はもはや必然と言えますし、100年後には何Gになっていることか。既存の技術を覆す新しい技術が生まれているかもしれません。懸念としては周波数帯が変わることで人体への影響が出るのかどうか。5Gまでは特に問題がないという実験結果が出ていますが、6Gを含め今後さらに世界が電波に溢れることで何か問題が出ないとも限りません。安全に技術が進歩することを願います。

人気のIoT家電もチェックしてみよう!

こちらの記事もご覧ください。