災害時に使える「誰でも使える無料Wi-Fi『00000JAPAN』」とは?【地震・台風・緊急時対策】

災害時は4G、5Gなどの通信回線の復旧に時間がかかることが多く、連絡を取ったり情報を集めるのが困難です。万が一の時は国が無料で災害時のみ提供する無料Wi-Fi「00000JAPAN」を活用しましょう。どのようなサービスなのかご紹介します。

普段はキャリアの無料Wi-Fiスポット

「00000JAPAN」は通常時はdocomo、Softbank、auが自社ユーザー向けに提供する無料Wi-Fiスポットとして機能しています。災害発生から72時間以内に普段契約しているキャリアに関係なく使用できる「00000JAPAN」として解放されます。72時間は災害時の生存者救出のリミットとされており、救出・救護活動に通信は欠かせません。

パスワードは不要

「00000JAPAN」の利用方法は簡単です。各デバイスのWi-Fi接続候補一覧の一番上に「00000JAPAN」と表示されるのでそれをタップするだけ。パスワードも面倒なメールアドレスの登録も必要ありません。

通信速度は普段提供されている各キャリアの無料Wi-Fiスポットの状況と同じです。つまりそもそも遅く、さらに災害時に大量に接続されることによってさらに時間がかかることが予想されます。

知り合いと連絡を取ったり状況を知るために災害時用掲示板やTwitter、災害用アプリを見る程度の「本当に必要な利用」のみにとどめましょう。緊急性のないSNSやゲームなどはそもそも接続が遅いですし、容量の大きい通信を行うことで他の被災者の通信を遅延させ迷惑がかかります。

娯楽系の利用は「00000JAPAN」を使用せず、4G、5Gなどの通信回線復活後に行うことを心がけましょう。

「00000JAPAN」利用上の注意

「00000JAPAN」は緊急時に誰でもすぐ通信を行えるようにパスワード等は必要ありません。逆にいうとセキュリティは非常に脆弱ですので、パスワードの入力などが必要なサービスへの接続は控えた方が良いでしょう。

さらに、「00000JAPAN」を騙った偽のアクセスポイントへの注意喚起がされています。接続したユーザーの個人情報を抜き出すフィッシング詐欺の一種です。「00000JAPAN」に接続する際は大手キャリア3社の無料Wi-Fiスポットであることを示すステッカーが近くに貼ってあるかどうか確認しましょう。平常時に特に無料Wi-Fiスポットとして提供されていないのに、「00000JAPAN」が出現している場合は偽物を疑った方が良さそうです。

フィッシング詐欺についてはこちらをご参考ください!

災害時は通信手段が命綱

災害時の通信手段の確保は生存するための命綱と言えます。普段からどこにキャリアのWi-Fiスポットがあるか確認しておくと安心です。

災害時に重宝する手回し充電器もチェック!

こちらの記事もご覧ください。