【FAQ】テザリングで接続しているWi-Fiだけデータ通信を節約できる都合のいい方法ってありませんか?

【FAQ】テザリングで接続しているWi-Fiだけデータ通信を節約できる都合のいい方法ってありませんか?

Q:テザリングで接続しているWi-Fiだけデータ通信を節約できる都合のいい方法ってありませんか?

A:Wi-Fiのアクセスポイントの設定にある「ネットワークの使用状況」を「従量制として処理」に変更しましょう。

Wi-Fiは無制限ではないの?従量制とは?

自宅に光回線を引きルーターでWi-Fiを設定している場合や大手喫茶店などに設置されているフリーWi-Fiは、基本的には無制限です。

しかし、WiMAXなどのモバイルルーターやスマホのテザリングなどは月に10GBなどの通信量の制限があります。これらがいわゆる「従量制のWi-Fi」になります。

従量制なので、通常のWi-Fi気分で使うと…気がついたら制限かかってた…ということが起こりえます。

そういう事態にならないよう、バックグラウンドの通信を制限する設定がWi-Fiにはあります。

モバイルルーターやテザリングを利用している方はぜひ設定しておきましょう。

Wi-Fiの設定方法

それでは設定方法です。「設定」→「ネットワーク」からWi-Fiの詳細設定を開きます。

「ネットワークの使用状況」という項目があるので「従量制として処理」に変更します。

ネットワークの使用状況を従量制に変更
ネットワークの使用状況を従量制に変更

Wi-Fiの一覧画面で「従量制」となっていれば設定完了です。

従量制と出ていればOK
従量制と出ていればOK

これで知らないうちに大容量のデータ通信ということがなくなります。具体的にいうとアプリの自動アップデートですね。

こちらの記事もご覧ください。