在宅ワークで便利なおすすめグッズとガジェット4選

新型コロナウイルスの影響で会社から在宅でのテレワーク・リモートワークを命令された方が大変増えているようです。終息後も今後テレワークは一般的になるでしょうから、仕事環境として自宅をどう整えていくのかは多くのワーカーにとって課題かもしれません。今回は在宅ワークで役立つアイテム4選をご紹介します。

最重要アイテムはデスクと椅子

会社であればPCを操作する上で最適な自分のデスクと椅子が用意されていましたが、自宅にオフィス用の什器を備えている人は少ないでしょう。とはいえ、書斎クラスの設備を整えるのはスペース的にも予算的にも厳しい…。そんな方にオススメするのがスタンディングタイプのデスクと椅子です。

「立ってPC作業するなんて疲れない?」と思う方もいるかもしれませんが、実は立っていた方が腰や肩への負担がかかりませんし、何より自宅内のどこでも移動して仕事できるのが便利です。ただ立っているだけだと流石に疲れるので、腰を支えるための楽チンなスタンディングチェアも併用しましょう。

PYKES PEAK スタンディングデスク

高さを75〜115cmまで調整することができるデスクです。普通の高さの椅子に座ってPC作業する用にも、立ってPC作業をするのにも両方高さ調節できます。

サンワダイレクト カウンターチェア

高さを59〜80cmまで調整できます。傾けられる設計になっているので、自分にとって快適な角度でスタンディングデスクに向き合うことが可能です。軽く腰掛けるにも深く座るにも両方最適です。

クッションもこだわりたい

「自宅でもオフィスに近いデスクと椅子で普通に座って仕事をしているけど、長時間なので腰やお尻が辛くなってきた」方もいるはずです。オフィスであれば人に呼ばれたり打ち合わせに行ったりで、ずっと椅子に座っていることはないはずですが、在宅だとデスクから動かなくなりがちです。

数時間座りっぱなしだと腰は痛くなりますし、お尻も皮がむけて褥瘡っぽくなってしまうこともあります。お尻と腰を守るクッションにもこだわりましょう。

Serene freestyle ゲルクッション

最近TV通販でもよく見かけますが、荷重を分散してくれるゲルクッションは体を楽にしてくれます。腰にいいのはもちろん、座面がお尻に摺れづらいのでお尻にも優しい。通気性もいいのでこれからの季節にもぴったりです。

web会議や打ち合わせにワイヤレススピーカーフォン

ウェブ会議システムを使っての社内や取引先との打ち合わせの欠点は、相手の声や自分の声が綺麗に聞こえないこと。高精度のワイヤレススピーカーフォンを使用すれば快適なウェブ会議・打ち合わせが可能です。

さらに、高感度なのでPCやスマホを手から離しても自分の声を拾ってくれて相手の声をスピーカーしてくれます。打ち合わせ内容を録音する場合にはスマホの録音機能と合わせて使えば双方の声をまるで目の前で話しているかのような音量で録音可能。webの録音ツールだと相手の音量がものすごく小さかったり、データをダウンロードするのに時間かかったりしますが、ワイヤレススピーカーフォンを活用すればストレスから解放されます。

Jabra SPEAK 510 ワイヤレススピーカーフォン 会議用

ワイヤレススピーカーフォンの中でも高品質で人気の製品です。音の感度も良く、コンパクトで軽い。在宅では複数人で使うことはないかもしれませんが、同時に4人までの音声を綺麗に拾ってくれます。部屋の中であれば2m程度は置いてある場所を離れても使用感に問題ないようです。

在宅ワークは体が資本!

在宅で働ける=楽チンというわけでもありません。働く環境としては整っていないので、思わぬ不調が発生する可能性があります。筆者がフリーランスでライターを始めた当初、最も困ったのがデスクとチェアの相性の悪さによる腰や肩の不調でした。まずは健康に仕事を続けられる環境を整えましょう!

人気テレワークグッズもチェック!

こちらの記事もご覧ください。