5G開始!どんなふうに生活は変わるの?【おさらい編】

2020年3月25日からいよいよ5Gの提供が始まりました。日本全国に完全に普及するまでまだまだ時間がかかりそうですが、首都圏ではすでに5G対応端末で5G回線を利用しているユーザーもいます。ここで改めて5Gによって起こる変化をおさらいしてみましょう。

5Gはざっくりいうと「大容量」「速い」「大量接続」

4Gの通信速度は1GB/秒ですが、5Gは20GB/秒。つまりこれまで送信に20秒かかっていたデータを1秒で送れるようになるのです。また送信の際の遅延も圧倒的に減る超低遅延も実現できます。5Gでは1箇所の基地局から接続できるデバイスの数も大幅に増え、4Gでの1軒の自宅からのルーター・スマホなど数台程度の接続から、100台規模で接続ができるようになります。

発展が期待できるジャンル

これらのような特徴を生かして今後大いに発展できるジャンルがあります。

まず、動画配信サービスです。動画は大変容量が大きいデータ通信になるので、これまでは低画質に抑える等データ量を減らして通信を行う工夫がされてきました。しかし、大容量通信が可能になるため、高画質の動画配信サービスがこれからより一般的になるはずです。

さらに、超低遅延の実現によりリアルタイムでの生中継もよりストレスなく楽しめるようになります。例えばライブイベントなどでは会場と配信視聴者のレスポンスを同期させるような演出もスムーズに行われるでしょう。ARやVRと組みわせたより臨場感のある動画体験も高画質かつスムーズな5G動画配信によって実現でき、没入感は飛躍的に高まるはずです。

また、ゲームに関してはクラウドゲーミングが大きく発展するでしょう。これまでは通信容量や遅延の問題からゲーム機やスマホに直接ゲームを入れて遊ぶ方が一般的でした。しかし、大容量通信が可能になれば、ゲーム自体はクラウド上で操作をして映像だけがデバイスに配信されるクラウドゲーミングがメジャーになるかもしれません。

産業界でも5Gによって大きな恩恵があります。ARやVRを活用した技術革新は一層進むでしょう。遅延がなくなったことにより、自動運転システムのようなリアルタイムでAIが判断を迫られるようなテクノロジーのリスクが飛躍的に少なくなります。大量接続が可能になったことによりあらゆる製品のIoTも進みます。

5Gによって「通信」を意識しなくなる

5Gが普及すればデータの送受信を行なっている最中に待たされることが少なくなるでしょう。これは通信を意識せずに様々なサービスを利用できることを意味しています。目の前のものを手に取るのも、遠くで行われているライブイベントにVRグラスで参加するのも、同じ感覚で行うようになる日は遠くありません。

こちらの記事もご覧ください。