5Gがドコモ、au、ソフトバンクでスタート!結局どこがお得なの?

3月25日から5G電波の提供が始まり、各社料金プランや5Gに対応したコンテンツを発表しています。どの会社がお得なのか、いつ頃5G機種に乗り換えればいいのかご紹介します。

ソフトバンクが最も力を入れている印象

ソフトバンクは5G始動にあたり特設ページを開設し、独自コンテンツも用意するなど、大手3社の中では最も力を入れている印象です。

5Gならではのコンテンツ配信を行う「5GLAB」では、AR SQUARE、VR SQUARE、FR SQUARE、GAME SQUAREの4つのサービスを提供しています。

https://5glab.mb.softbank.jp/

基本的にはエンターテインメントに特化した、個人ユーザー向けのサービスです。このように独自のパッケージコンテンツを作っているのはソフトバンクだけなので、一歩先んじているといえます。自社のテクノロジーやコンテンツ制作力を生かした取り組みです。

このような5Gコンテンツは大容量なので通信料金が心配になりますが、現在ソフトバンクでは5Gでも特別な上乗せ料金は徴収していません。正確には5G回線の基本料金は通常料金に+1000円/月発生しますが、8月までの5G対応機種の購入で2年間+1000円/月が免除されます。

auもぼちぼち頑張っている

永遠の二番手を自負するauですが、こちらも特設ページを設け5Gで実現できる楽しいコンテンツを紹介しています。アーティストや他プラットフォームとのタイアップで5Gの魅力を伝えていく方針のようです。

https://www.au.com/5g/

テクノロジーに対してのワクワク感はソフトバンクのページに劣るものの、Netflixパックなどオンデマンド動画ユーザーに対してお得感をアピールするのには成功している印象を受けます。

料金に関してはちょっと微妙です。5G基本使用量は+1000円/月。こちらはデータMAX 5G 、 Netflixパック、ピタットプラン 5Gに加入していれば免除になりますが、そもそもその前に家族割に加入していなければなりません。つまり同居の家族等の利用で複数回線を持っていないと5G機種を購入した時点で+1000円/月が課金されてしまいます。この辺りの料金体系は正直わかりづらいです。ちなみに割引対象期間は8月末までです。

docomoどうした?

dodomoは5Gのコンテンツという意味では大きく遅れている印象を受けます。特設サイトの作りも他2社に比べるとしょぼく、5Gに関する基礎知識を伝えるにとどまっています。店舗体験型を重視しているようですが、コロナの影響下では戦略的に難しいでしょう。

https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/5g/experiences/

料金も最もわかりづらい表記の印象です。他2社と同じく基本料金に加えて+1000円/月かかりますが、5Gギガほ・5Gギガライトの加入で初月+5ヶ月間免除となります。この2つのプランは要は家族割です。割引になる期間も非常に短いためお得に感じる人は少ないでしょう。キャンペーン終了期間は明記されていません。

いつ5Gに乗り換えるか

首都圏以外の5G設置が本格的に進むのが2020年後半以降とのことなので、地方にお住いの方には今5Gに機種変更するメリットが感じにくいでしょう。

あくまで首都圏や大都市圏にお住いの方向けではありますが、ソフトバンクとauのキャンペーンが終了予定の8月末が5G乗り換えタイミングの目安になりそうです。

こちらの記事もご覧ください。