新「iPad Pro」に搭載された3次元測定機能(LiDARスキャナー)って何?

3月25日、Appleから新しい「iPad Pro」が発売されたよ~! いつの間に? と思ったのはこの私なのですが(笑)、正直あまり騒がれなかったですね~。どうやらこの新しいiPad Pro、仕様などスペック部分については旧来型と大きな変化はないそうです。でも! 一番の変化は3次元測定機能(LiDARスキャナー)が搭載されたこと。お値段は、11インチが84,800円(税別)で12.9インチが104,800円(税別)と「あれ? 思ってたより高くないかも」という印象。今回は、新しいiPad Proについてご紹介したいと思います。あぁ~またandroidのメディアなのにAppleのこと紹介しちゃってる……ごめんなさーい!(笑)

注目のLiDARスキャナってなんだ?

毎回リリースの度に驚かせてくれるAppleさんですが、今回の通称第二世代iPad Proはそこまで大きな驚きがないんだとか。でも今回から広角カメラが搭載され、さらに「LiDARスキャナ」も搭載されました。なのでカメラ性能がグゥ~っとアップしたのです。

ん? LiDARスキャナって何? 早速Appleさんのページで確認してみましょう。

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出します。NASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術です。そのLiDARを、薄くて軽いiPad Proの中に収めました。

専用に設計されたLiDARスキャナは、ダイレクト・タイムオブフライトという方式を利用して、屋内外で最大5メートル先から反射した光を測定。光子レベルで機能し、ナノ秒のスピードで動作し、拡張現実とその先の可能性を大きく広げます。

Appleのサイトより引用(https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

簡単に言えば、空間上にある物体を光を使って瞬時に計測するっていう機能ですね。

もうこういった計測器具も使わなくなる未来がくるのかも…それはそれでちょっと悲しい。

例えば、カーテンを付け替える時に窓枠の高さ・幅を計測できたり、3次元で計測ができちゃうから荷物を出す時の段ボールの縦・横・高さを瞬時に測れたりするんです。

「そんなに使わないよ~、いつ使うの?」

と、ほとんどの方が思ったでしょう。私も思いましたよ!笑

でも、思い出してみてください。スマホやタブレットが発売されて「ん?」となったことを! みんな新しい機能が搭載されたときは「別に……」というテンションだったわけですよ。きっと近い将来、このLiDARスキャナが当たり前な世の中になっていきますから。

実際の使い心地はYoutubeでチェック!

ちなみに文字だけで説明してもわかりにくいと思うので、想像しにくいなーという方は、Youtuberさんの紹介動画ご覧くださいな。

新しいiPad Proについてめっちゃ詳しく紹介しています。これを見たら、私の文章いらないんじゃない? ってくらいです(笑)

こちらの動画では、娘さんの身長をiPad Proで計測したりしていますよ! これまでのiPad Proの比較も面白かったです。

今のところ、日常生活ではあまり使わないけど…ARが一般的になったらマストなアイテムになる?

ARが当たり前になると、iPad Proが必須になる?

では実際、このLiDARスキャナーこと、3次元測定機能がどのように使われる機会が多くなるかというと、AR(Augmented Reality)です。一般的には、「拡張現実」なんて言われていますが、今私たちが生活しているリアルな場所に、バーチャルを重ねて拡張する…それがARということですね。新しいiPad ProとARはめちゃくちゃ相性がいいんですって♪

例えば、引越しの際に「ここにイケアで購入したベッドを置くとどんな感じかな?」とか、「リビングに棚を置きたいけど、どれくらい圧迫感出るかな?」なんていうをARを使えば実際の部屋を使って購入する予定の家具の大きさとかをアプリからみれたりするわけです。今は、特定の会社さんのものしか使えていませんが、近い将来、自分の家にある椅子やテーブルの写真を撮影しておけば、引越し先で「あ~こんな感じになるのね」とARで確認できたり……なんてのも手軽にできるようになるかもしれませんよね。

また『ポケモンGO』でもARは使われていますが、今後5Gで回線速度がアップしたり、AR技術がもっと発展していけば冷蔵庫の中から現れたり、ポケモンの方からピンポンを押してやってきてくれたり(笑)バーチャルなものとリアルとの境目がどんどんなくなっていく未来がそこまできているわけですよ。あぁ~教科書に載っていた未来の感じにどんどん近づいてきたな~! 楽しみ~!

ちなみにVR(Virtual Reality)も似ている言葉で聞くことがあるかと思いますが、VRは「仮想現実」。バーチャルな世界に自分が行っているような感覚を味わえるものなので、ごっちゃにならないように注意しましょうね!

iPad ProにMagic KeyboardをつけたらもうPC以上!!

話を新しいiPad Proに戻しましょう(笑)

ちなみに今回新しく出たiPad Proですが、アクセサリーも充実しているみたいですよ。最後にご紹介しておきたいのが、この「Magic Keyboard」で、価格は31,800円(税別)です。発売は5月なのですが、見た目完全にPCみたいじゃないですか?

CMめっちゃかっけぇ~!

ぬあぁ〜〜! 欲しい~!!!

私が愛用しているMacBookAirさんが3年くらい経つので、新しいPCを買いたいなーと思っていた(2020年は、エヴァの新作も公開されるのでPanasonicのレッツノートを検討中w)のですが、iPad ProとMagic Keyboardをセットで買っちゃおうかな!(笑)

どうするかは近々、andronaviさんでご報告できればと思います! てへ!

こちらの記事もご覧ください。