新年度から始めたい家計簿!おすすめ家計簿アプリ3選

新年度となり、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。新生活では何かとお金の出入りが多くなります。そこで、気持ちを新たに家計管理をしてみませんか?今回は、アプリで管理ができるおすすめの無料家計簿アプリをご紹介します!

過去の家計簿記事はこちら

家計簿管理の王道「Money Forward ME」

ユーザー数950万人超を誇る大人気アプリ。その人気の秘密は圧倒的な連携先の数でしょう。マネーフォワードMEは、銀行口座やクレジットカードなどを登録しておくと自動で入出金を管理してくれます。

わざわざ銀行のインターネットバンキングを開かなくても、マネーフォワードを開けばシームレスにすべての口座残高を確認することが可能に。クレジットカードの引き落とし予定金額もわかるので、そのまま口座残高を確認することもできます。

また、電子マネーやポイントカードの登録もできるので支払い前にチャージ不足を確認することもでき、お金の管理はすべてマネーフォワードアプリだけで完結できると言ってもよいでしょう。

レシートをスマホのアプリで撮影すれば、自動で家計簿入力も行ってくれるので面倒な手入力も必要ありません。収支状況が分かりやすいグラフで表示されているので、何にお金がかかっているのかも把握できます。いろんなアプリを使うのではなく、ひとつで完結させたい!という方におすすめですよ。

細かくしっかり管理したいなら「家計簿Zaim」

Zaimは、家計簿に挫折した人の83%が「これなら続けられる!」と太鼓判を押したアプリです。テレビでも紹介されたほか、GOOD DESIGN AWARDも受賞しており、家計管理が続けられる工夫を徹底して作り込まれています。

Zaimもレシート撮影に対応しているほか、銀行口座やクレジットカードの連携設定も無料で行うことができます。また、家計簿のアカウントを複数切り替えることができるので、家計簿としてだけではなく個人的な支出管理やお小遣い管理アプリとしても活躍しますよ。

Zaimは外貨にも対応しているので、外貨を利用している人にもおすすめです。

気軽に収支管理をするなら「LINE家計簿」

LINE家計簿の特徴は、貯金に特化しているところです。支出からいくら貯金ができるかを算出してくれるので、予算を決めやすく、貯金をするモチベーションにもつながります。

LINEアカウントを持っていれば、LINE家計簿でアカウント登録をする必要はなくすぐに始めることができます。LINE家計簿にはLINE版とアプリ版の2種類があり、LINE版ではLINEの「ウォレット」から直接収支入力をすることができます。ただし、LINE版は簡易的なもので収支入力と入出金の確認のみ利用することができます。

ほかの家計簿アプリは多機能なものが多いので、もっとシンプルなものがいい!という方にはLINE家計簿がおすすめ。

アプリで家計管理を始めてみよう

家計管理を続けるコツは、自分に合う方法を見つけることです。家計簿アプリは多数リリースされているので、「デザインが好き」「口座もクレカも連携させたい」など自分に合いそうなアプリを使ってみましょう。支出だけを見ると暗い気持ちになりがちですが、節約した分貯められた金額を見ればモチベーションアップにもつながりますよ!

こちらの記事もご覧ください。