中古スマホ利用率は2.4%!量販店VSフリマアプリどっちが良い?【売却編】

前回ご紹介した「中古スマホ利用率は2.4%!量販店VSフリマアプリどっちが良い?【購入編】」に続いて、今回は【売却編】をお届けします。

MM総研の調べによると、2019年度は中古スマホ利用率が2.4%と過去最高とのことですが、中古スマホを売る人がいなければ市場の拡大も望めないですよね。あなたは使わなくなったスマホをどのように処分していますか?

壊れてしまったものは仕方ないですが、まだまだ使えるけれど、新しいスマホを買ったからキャリアショップに持って行ってスマホをリサイクルに……としている人はもしかすると、そのスマホがお金になるかもしれませんよ! とはいえ、個人情報がたっぷり入っているものなので、安心安全に対応したいもの。今回は、中古スマホを売却する際のポイントをお伝えしていきます。

使えなくなったスマホはキャリアショップに持っていけば無料で処分してもらえます!

携帯のキャリアショップなら無料でリサイクル対応してくれます。

全く使えなくなってしまったものに関しては、中古スマホとして取り扱いが難しいため、近所のキャリアショップ(au、docomo、SoftBank)へ持参しましょう。基本的には、自分のキャリアに関係なく、どの店舗でも無償でリサイクル対応してくれます。この時代、家庭ゴミにポイ! なんてスマホをそのまま捨ててしまう人はいないとは思いますが、スマートフォンに使用されている部品などは再利用が可能なものが多いので、資源の有効活用としてリサイクルニーズは高いのです。「もう使えない」という方はキャリアショップへ持参するのが安全ですし、リサイクルにも繋がるのでおすすめですよ! 各キャリアの情報も掲載しておきますね。

各キャリアの対応について

au
https://www.au.com/mobile/recycle/

docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/csr/ecology/resources/

SoftBank
https://www.softbank.jp/corp/csr/global-environment/energy-resource/3R-activities/recycle/

個人情報が心配なら量販店に買い取ってもらおう!

「まだ使えるけど……」というスマホをお持ちで、中古スマホを売却したい! と考えている人は、自分で初期化設定などした上で、量販店に持っていきましょう。最近ではネットからの依頼で買取を実施してくれる店舗も増えてきたので、自分である程度設定を変更できる人は、ネット買取や宅配買取なども活用すると良いかもしれません。

今の時期、玄関まで集荷に来てくれるのは嬉しいですよね!

ネット買取の場合、事前におおよその買取金額が表示されているので、綺麗な状態なものであれば「これなら5000円くらいになるな!」とわかるのも嬉しいところですよね。また集荷にきてくれたり、自分から送ればいいだけなので、店舗へいくことなく手軽にできてしまうのも嬉しい部分でしょう。

ただし大きく破損している端末や、設定が制限されているようなものは買い取ってもらえないこともあるので、注意が必要です。

初期化をしないまま送ってしまったり、おサイフ携帯機能やGoogle・AppleのIDを解除しないままもNGです。基本的には新品で購入した時と同じ状態にして売却するようにしましょう。またiPhoneを使っている人や複数の端末を持っている人の中には「アクティベーションロック」を設定している人もいるかと思います。これもオンの状態では買取してもらえないので、注意しましょう。

TSUTAYAの宅配買取(https://tsutayamb.com/takuhai/)のサイトに、Android端末とiPhone端末の初期化方法について詳しい説明があったので紹介しておきます。

iPhoneの場合:https://tsutayamb.com/guide/iphone-beginner.php
Androidの場合:https://tsutayamb.com/guide/android-beginner.php

また前回の【購入編】でもご紹介しましたが、「赤ロム」と言って、端末料金の残高が残っている状態で売却は避けましょう。売却したい端末の残高が0かどうかも念のため確かめておくほうが良いと思います。

【メリット】
・自宅から出ずに売却できる
・店舗でわからないことも相談できる
・事前に大まかな買取金額が把握できる

【心配な点】
・初期化等自分でやらなければいけないことが多い
・新品でも状態によっては高く買い取ってもらえないこともある

注意事項を守って取引すれば、想定より高く買い取れるかも?

自分で金額を決めて売りたい! と思っている人はフリマアプリを活用するのがおすすめです。例えば年代は古くても、マニア受けするような端末は「ずっと欲しかった!」という人がいて量販店よりも高く販売できたりすることも。また傷がついていて、量販店では買い取ってもらえなかったものも「欲しい」という方が現れてお金になる可能性もひめています。

しかし、個人間でのやりとりであるフリマアプリは、それこそ何かの手違いで恐ろしい人の手に渡ってしまい……なんてことになったら大変です。映画『スマホを落としただけなのに』どころの騒ぎじゃないことにも発展しかねません!(なんてねw)

売れたものを自分で梱包して発送しなければいけないので、それも手間かも……?

実は今年の3月末まではメルカリで『あんしんスマホサポート』というありがたぁ~いサービスがあったので、安心して売却できていたのですが、残念ながらサービスが終了してしまいました。利用料金がかかっていたこともあるので、もしかすると需要と供給があっていなかったのかもしれませんな。

また売却する前には自分で初期化しなければならないため、量販店よりも若干ながら「ナニカ」あったときの対応は大変になるかもしれません。初期化や個人情報漏洩が心配な方は無理にフリマアプリに出品せず、量販店に相談するようにしましょう。

【メリット】
・自分で値段を決められる
・「無理かなー」と思っていた端末でもお金になることがあるかも!?

【心配な点】
・自分で初期化して、安全な状態にしておく必要がある
・梱包から発送まで自分でおこな分ければいけない
・予期せぬクレーム被害等にあう可能性もある

トラブルを防ぐためにも、まずは自分自身がよ〜くスマホについて理解しておく必要があります!

量販店・フリマアプリいずれにしても、責任を持って初期化するというのは耳にタコができるくらいお伝えしました(笑)。いずれにしても「わからない~」「知らない~」ではなく、大事に使ってきたスマホですから、途中で売却をするなら次の人にも気持ちよく使ってもらえるよう最低限のマナーと心配りはしておきたいものですね。

中古スマホはもちろんですが、リユース文化が根付くことでものを大切に使う人が増えていくといいですよね! 私も次々と新しいものを買いすぎないよう、今あるものをしっかり使い切るもしくは使ってもらえる人に手渡す方法を考えながら大事な資源を使っていければと思います。

人気のスマホもチェックしておきましょう!

https://andronavi.com/ranking_category/device/

こちらの記事もご覧ください。