子どもの在宅学習を支援するサービス3選!【教科や道徳、こころの相談も】

子どもたちが休校となって早くも2ヶ月が経ちます。学校からは大量の宿題が出されているところもあるようですが、在宅で休校中の学習をするのはなかなか難しいですよね。

そこで、せっかくのお休み期間を有効に使える「オンライン学習サービス」をご紹介します!

英語学習オンラインアプリ「スタディーキャット」

引用元:studycat

スタディーキャットは、「Fun English for Schools」という英語学習オンラインアプリの無料提供を開始しました。これは、幼稚園や小学校、英語学校などを対象に開発されたアプリです。

「Fun English for Schools」のアプリ内にあるダッシュボードを通じて講師と子どもたち、保護者がつながることができ、自宅にいながら英語学習を支援することが可能としています。

引用元:studycat

アプリで使えるコンテンツは、ゲームをはじめとしパズルや歌など楽しみながら英語学習ができる内容を収録。英語力だけでなく想像力や協働力を養うことを目的としているそう。

スタディーキャットはすでに、新型コロナウイルスの影響で在宅学習を余儀なくされた中国や韓国、ベトナムでアプリの無料提供を開始しており、今回日本国内でもサービスが展開されました。この機会に親子で英語学習をしてみるのもよさそうですね。

学研グループ

引用元:学研

学研グループでは、幼児から高校生と幅広い世代を対象に、執筆現在で17の在宅学習支援コンテンツを提供しています。英語付きの絵本やプログラミングなどといった学習コンテンツのほか、子ども向けの無料電話相談「こころの相談室」も用意。休校中の今だからこそ感じる不安などを相談する窓口があるのはとても良いのではないでしょうか。

さらに、道徳のアニメ動画も用意されているのが特徴でしょう。教科別の学習は非常に重要ですが、こういう環境だからこそ道徳の学習も必要だよな、と学研の提供サービスを見ていて筆者自身も気付かされました。家庭ではなかなか教えるのが難しい科目こそ、こういったサービスを利用してみると良いかもしれませんね。

また、生活リズムが崩れないように時間割表も用意されていて、コナミスポーツクラブ協力のもと、体育の動画コンテンツなども利用できます。在宅時間が長くなるからこそ、自宅でできる運動をしながら学校再開時にもスムーズに移行できるよう生活リズムを整えておきたいですね。

家庭教師の「デスクスタイル」

引用元:deskSTYLE

家庭教師のサービスを提供しているデスクスタイルでは、現在小学校4年生〜中学校3年生を対象に「習熟度テスト」を無料配布しています。テストは会員登録不要でダウンロードが可能です。

1教科30分に設定されており、前学年で学習した内容の基礎から取りこぼしがないか確認することができる内容になっています。ダウンロード・印刷をして使用するものですが、そういった環境がない家庭向けに郵送の対応もしているのでご家庭に合った方法を選択することができます。

さらに、対象エリア限定でテストを提出すると苦手・弱点分析シートを無料で発行してくれますよ。なかなか家庭では気付きにくい学習内容の到達具合や今後の学習計画の参考にもなるほか、学校再開時にもつまづきをなくしておくことができます。

子どもに合った学習支援サービスを利用しよう

子どものタイプによっても学習方法は異なります。感染症の拡大を受けて、各教育サービスがさまざまなコンテンツを用意していますので、子どもが興味を示しそうなものや学習スタイルが合いそうなものをピックアップして、おうち時間での学習を楽しいものにしていきましょう。

こういう時だからこそ、工夫をして学習をすることで子どもたちの発想力や創造性も養われるかもしれません。

下記アプリも人気です!

機械学習に人気のパソコンはこちら

こちらの記事もご覧ください。