印鑑廃止が急加速!承認・決裁はどうなる?

今まで当たり前のように使われていた「ハンコ習慣」が変わろうとしています。あらゆるコトがデジタル化されつつある現代でも、未だ根強く残る捺印文化がとうとうデジタル化に舵を切ることとなりました。

今後印鑑がなくなることで私たちの生活にどのような変化があるのでしょうか。

印鑑を廃止する企業が続発

きっかけは、新型コロナウイルスの感染症対策としてリモートワークが推進されていたなか、上司の承認印などをもらうためだけに出社しなければならない会社員たちがとても多かったことでした。

この状況は社会的に問題視され、「with コロナ」の新しい生活様式が発表された今、印鑑文化はこの生活様式にそぐわない状況となりました。そこで、習慣化されていたハンコ文化をやめて、電子化しようという動きがIT企業を中心に拡大しています。

GMOは印鑑の完全撤廃を表明、財政界でも見直しへ

GMOインターネットグループは、サービスの各種手続きから印鑑を完全に撤廃する「印鑑レス」、さらに取引先とは電子契約を取り交わし「ペーパーレス」とする、と発表しました。

また、フリマアプリのメルカリも取引先との契約に押印を用いらず、権限者の署名や電子署名などに方針転換するとしています。

この動きは財政界にも及び、経団連の中西会長は「ハンコはナンセンスだと思う」と述べています。さらに、安倍首相もデジタル化に向けた法制度の見直しなどを行うよう指示しました。

このように各企業だけでなく、国としてもハンコの慣習はなくしていく方向に舵を切っています。

今後、電子契約・電子署名が主流になる

筆者は仕事の時に電子契約を行ったことが数回あるのですが、これが非常に便利でリモートワークとともに今後新たな慣習となるべきだと感じました。そもそもハンコを普段持ち歩かないですし、承認などは社内でないとできないもの、という固定概念があるかと思います。

しかし、たとえば移動中は申請チェックに最適な時間となります。電子サインであれば、わざわざハンコも朱肉も出す必要がなく、スマホやPC上で行うことができます。

また、サービスの契約などの場面ではわざわざ契約書を書いて郵送し、受理したら記載内容を確認して…と利用開始までに時間がかかることはザラにあります。これも電子契約にすれば、待機日数は大幅に少なくなります。さらに、企業側は人件費や契約書などの印刷にかかるコスト削減にも繋がるメリットも。

電子契約で締結したデータはPDFで保管できるので、書類よりも楽に管理をすることができ、ペーパーレス化も実現できます。あの契約ってどうなっていたっけ?と保管場所を漁る必要もなく、データがどこにあるか分からなければ検索をかければOK。とても効率的だと思いませんか?

印鑑は美術品となってしまうかも?

とはいえ、印鑑自体を否定するわけではありません。筆者は16歳の誕生日に、母から「義務教育を終えたから」と自分の名前の印鑑をプレゼントしてもらいました。

これがとても綺麗で、篆書体で作られた自分の名前の印鑑がとても嬉しくて、今でも宝物としてとても大切に使っています。こんなふうに想いがこもった印鑑はビジネス用途とは違いますが、残っていってほしいなとも思います。

こちらの記事もご覧ください。