新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) がリリース!アプリの安全度や使い方を解説!

コロナ感染者との接触の通知や陽性者の追跡を行うアプリが各国で開発・リリースされています。日本でも2020年6月19日に厚生労働省から新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) がリリースされました。どのように接触確認をしているのか。行動が勝手に政府に送信されて監視されるのでは?実際にインストールしてみて使用感をレポートします。

アプリ名は「新型コロナウイルス接触確認アプリ」

厚生労働省の公式アプリという事で「新型コロナウイルス接触確認アプリ」というなんともそのままなネーミングです。一応略称としてCOCOAと書いてあり、これはCOVID-19 Contact-Confirming Applicationの略です。Google PlayやApp StoreでCOCOAと検索しても出てこないので注意してください。ストア内で「コロナ」で検索するか、下記リンクから直接アクセスが必要です。

物凄いシンプルなアプリ

インストールする前は「マップか何かで自分と陽性者の移動履歴が出て、いつどこで接触したかわかるのかな」となんとなく考えていました。実際に使ってみるとマップとの連動はなく、移動経路などの個人情報も記録されない構造になっています。

このアプリが行う接触確認は以下の流れです。

①Bluetoothをユーザーがオンにする

②陽性もしくは過去に陽性だったユーザーが、別のユーザーと1m以内で15分以上の接触を行う

③アプリが「接触」として記録する

④アプリから「陽性者との接触通知」が届く

陽性もしくは過去に陽性だったかどうかは、ユーザー本人が自分でアプリに登録します。アプリを使用しているユーザーが双方ともにBluetoothをオンにしていなければ、接触時にも記録されないことになります。Bluetoothによって接触記録を行いそれを通知するだけの、物凄くシンプルなアプリです。

個人情報が勝手に使われる心配はなさそう

ナーバスになればキリがないですが、一応この構造であれば個人情報が政府や開発会社などによって勝手に使われる心配はなさそうです。行動履歴も残らず特に名前や電話番号などの登録も必要なく、残るのはBluetoothを介して陽性者と接触したその瞬間の記録のみです。その記録も14日後に自動で削除されます。

逆にいえばユーザーを監視する構造ではないため、陽性者のユーザーが自分がコロナに罹患した履歴を登録してくれるかの良心に委ねている構造のアプリと言えます。このアプリをインストールする人は「コロナにかかるのが心配」という心理の方が多いはずなので、逆に自分が罹患したことを登録するモチベーションに関しては懸念材料と言えるかもしれません。

まずはインストールして使ってみよう

アプリとしては現時点での安全度は高そうなので、とりあえずインストールしてみましょう。インストールしたらBluetoothの連携をオンにするだけなのでとても簡単に安心が手に入るのは事実です。陽性だったことのある方には、是非罹患履歴を登録して周りの人の安心に協力してほしいと思います。

こちらの記事もご覧ください。