Amazonプライム会員なら『Prime Reading』を使わないともったいない?

アマゾンプライム会員向けに新しく「Prime Reading」という読み放題サービスが開始になりました。対象のKindle本が読み放題と太っ腹サービスです。プライム会員なら使って損はなし!サービスの内容をご紹介します。

『Prime Reading』とは?

Amazon

Prime Readingとは、Amazonプライム会員向けの特典サービスでKindle本が読み放題!追加料金などはなく、マンガ・雑誌・書籍など対象のKindle本を制限なく読むことができます。

現在1,000冊以上の対象本が用意されており、ストアを見ているだけでも「あ、この本読みたかったやつ!」と好きな本が見つかります。

『Kindle Unlimited』との違い

AmazonにはPrime Reading以外に同様の読み放題サービス『Kindle Unlimited』というものがあります。Kindle Unlimitedは、以下の3つが大きな特徴でしょう。

  • 月額980円の有料サービス
  • 読み放題の対象は約25万冊
  • Amazon会員なら誰でも利用可能

読み放題サービスにどこまでのものを求めるか、にもよりますがKindle Unlimitedの対象本はPrime Readingの約250倍!読書家ならPrime Readingは物足りなく感じてしまうかもしれません。

また、Prime Readingで読める本はKindle Unlimitedでも対象本となっています。つまり、Prime ReadingはKindle Unlimitedのお試し版という位置づけですね。

Amazonプライム会員がKindle Unlimitedにも加入すると、両方の金額がかかりますのでご注意ください。

Prime Readingの使い方

Prime Readingはこちらから読みたい本を見つけることができ、対象本は以下のように表示されています。

このように「読み放題」の表示がされているものは、価格表示下の黄色いボタンをクリックすればOK!ダウンロードした本は、Amazonが販売している電子書籍デバイス「Kindle」またはKindleアプリで読むことができます

電子書籍を読んだことがない場合は、いきなりKindleを購入するよりも、まずはKindleアプリをスマホやタブレットにインストールしてから雰囲気を確かめてみるのがおすすめ。

電子書籍は、ダウンロードをしておけば通学・通勤などにも活躍するので一度使ってみるとその便利さが分かるはず。場所を問わず読書タイムが過ごせます。スマホの小さい画面で本を読むのは目が疲れる、という場合やブルーライトで目が痛い…という方には、Kindleの購入検討を!電子書籍特化型デバイスだけあって、「本を読むこと」に集中でき目も疲れません。

プライム会員なら使わなきゃ損!

Prime Readingはプライム会員の特典サービスのひとつ。せっかく年会費または月額費用を払っているなら、使わなきゃもったいない!わざわざ本屋さんに行くこともなく、読みたいときに読める便利さは電子書籍の最大のメリットです。

Prime Readingで気軽に読書をはじめませんか?

読書ならこちらもチェック!

https://andronavi.com/ranking/

こちらの記事もご覧ください。