資料や企画書のブラッシュアップにおすすめの「stories.freepik」イラストのカスタマイズ自由自在!アニメーション化も!

資料や企画書に写真やイラストが入っていると、目を通しやすくなるし見栄えがします。会社によっては資料にパワポ禁止、写真やイラスト禁止というケースも増えていますが、客に見せる資料くらいはスタイリッシュに整えたいもの。そんなニーズを満たす画期的なサービス「stories.freepik」が登場しました。

イラストを必要に応じてカスタマイズできる

stories.freepikが画期的なのは、イラスト内のオブジェクトを必要に応じて消したり色を変えることができる点です。

これまでのイラスト素材サービスはそのまま使うしかなく、いらすとやのような人気サイトでもアレンジする場合はユーザーが自分で画像と画像を組み合わせる必要がありました。

さらに、画像内に含まれているオブジェクトを消すことはできませんでした。例えば、イラストの端っこの観葉植物がいらないとか、机の上の本が気に食わないなどを我慢して使っていたわけです。

しかし、stories.freepikを使えば必要なオブジェクトを残して、表現したい雰囲気のカラーに変更することができます。シンプルな線のイラストはビジネスで使いやすい良い意味で無個性な雰囲気です。編集したイラストはsvgもしくはpng方式でダウンロード可能です。

アニメ化してさらに目を引くwebページ作りを

しかもstories.freepikのイラストは好みの部分をアニメ化することができます。例えば料理をしているイラストであれば、食材を浮かせてみたりコックを揺らしてみたり、様々な効果を簡単につけることができます。

これらの好みを付け加えたイラストは書き出してGIFやビデオ形式でダウンロードすることができます。また、アニメーション化したデータに関してはコードもダウンロードできるので、webページに埋め込む場合に便利です。

webに企画書や提案書をアップする際には重宝するかも

このstories.freepikは画像素材サイトのFreepik内のサービスの一つです。多くの画像は無料でダウンロードできますが、無料ユーザーの場合は使用の際に画像にFreepikへのリンクを埋め込む必要があります。紙で使用する場合は「:slidesgo/Freepik」と出典を明記しなければなりません。

有料のプレミアムユーザーだと9.99ユーロ/月なので、1,200円/月くらいで無制限使い放題になります。リンクを埋め込む必要もありません。webでビジネス系のページを作るのに画像やイラストを必要としている方は課金してもいいサービスでしょう。

こちらの記事もご覧ください。