エヴァンゲリオンの世界の住民に?SMALL WORLDS TOKYOで超リアルなジオラマ体験

毎年夏になると新しいエンターテイメント施設がオープンしたり、華々しくイベントが開催されますが、今年はコロナの影響で寂しい雰囲気となりました。そんな中数少ない新施設、SMALL WORLDS TOKYOが東京有明にオープンしています。ミニチュアの街に住む自分のフィギュアなど、これまでになかった楽しみ方ができるSMALL WORLDS TOKYO。その全体像をご紹介します。

1/80の精巧なフィギュアが並ぶ街

SMALL WORLDS TOKYOはその名の通り「小さい街」です。実物の世界を模した精巧なジオラマが広がっています。

これだけだと、「ジオラマを眺めるだけ?」といまいち魅力が伝わりませんが、その特徴は国内最高レベルの3Dモデリング技術を駆使したリアルさにあります。ただ単に人物や建物がリアルなだけでなく、飛行機、ロケット、電車などが動き、さらに1日を30分に凝縮して昼から夜への移り変わりなども完全再現。街を彩る美しい夜景や夜明けなど眺めているだけでワクワクします。写真も撮り放題なので、カメラが趣味の方にはたまらないはずです。

バックヤードツアーも行われており、飛行機やロケットなどをどのように動かしているのか、リアルな表現を可能にする仕組みも見ることができます。子供はもちろん大人も興味をそそられる内容が盛り沢山です。

エヴァンゲリオンやセーラームーンなどのメディアミックスも!

特に注目はエヴァンゲリオンやセーラームーンをテーマにしたミニチュアの街。リアルに作られた第3東京市、格納庫などエヴァ原作ファンにはたまらないのではないでしょうか。30分ごとに射出が再現されるので、ミニチュアの前から離れられません。いろいろな角度から眺めて楽しんでくださいね。セーラームーンのクリスタルシティも美しく再現されうっとりすること間違いなしです。

自分のフィギュアを作って設置できる

SMALL WORLDS TOKYOの最大の特徴が住民権の購入です。住民券を購入すると、自分の1/80サイズのフィギュアが好きな街に設置できます。3Dスキャナーに入って全身を撮影すると自分の分身フィギュアが完成!2つ制作してもらえるので一つは持ち帰り、一つは14日後にジオラマの中に設置されます。

エヴァの格納庫で働く作業員、空港のエスカレーターを登るビジネスマンなど、好きなシチュエーションに自分のフィギュアをおこくことができます。ちなみに街並みは全部で6種類あり、それぞれ住民権の価格は異なります。

デートでも家族でも楽しめる

ミニチュアの街は子供はもちろん、その精巧さや写真の撮影しがいなどで大人も十分楽しめます。また、レストランも美しく美味しいと評判で、全体で2〜3時間は滞在できる内容になっているということ。残暑の土日や秋のシルバーウィークはSMALL WORLDS TOKYOを訪れてはいかが?

こちらの記事もご覧ください。