世界的に排除の流れのある中国アプリ。あなたのスマホにはいくつ入っている?

ここ最近メディアで話題になっている「Tik Tok規制問題」。アメリカだけで議論されているように見えますが、実は世界中で規制の動きが加速しています。さらに、中国国内ではスマホユーザーの大半が利用している「WeChat」に対しても、アメリカのトランプ大統領は取引禁止を表明しました。

こういった動きは今後、ますます激化していく可能性があります。そこで、無意識のうちに利用している中国製アプリは、私たちの周りに一体どのくらいあるのか、まとめました。

複雑に絡み合う国際情勢とアプリ規制

発端は、アメリカ政府が2020年8月6日にTik Tokの運営会社とその親会社であるバイトダンスに対して、アメリカ企業との取引禁止を発令したことに始まります。

この背景には、中国で2017年に施行された「国家情報法」があります。この法に則り、中国政府は中国企業や個人に情報提出を義務付けることができるようになりました。つまり、アメリカはこのTik Tok自体を「スパイアプリ」とみなしたということです。

Tik Tokとの取引禁止を同時に、中国版LINEとされる「WeChat」も取引禁止対象となりました。いかにアメリカが中国製アプリに強い懸念を抱いているかがわかります。

インドではすでにTik Tokの利用が禁止に

中国製アプリ排除の動きは、アメリカに限ったことではありません。すでにインドや香港ではTik Tokの利用が禁止されています。しかし、禁止している国と中国との関係を見てみると、みな良好とは言えない状況であることが伺えます。

  • インド:2020年6月、中国とインドの国境付近で武力衝突が発生
  • 香港:「国家安全法」が強制施行
  • アメリカ:米中貿易戦争が激化
  • オーストラリア:以前から中国との外交関係が悪化
  • 日本:尖閣諸島問題をはじめ、外交関係悪化

日本では、すぐに中国製アプリの利用禁止の動きは出ていませんが、自民党内ではTik Tokの制限検討に着手しているとの報道もあります。アメリカで利用禁止もしくは売却の動向結果によって、日本もアメリカにならう形となりそうです。

中国製アプリはほかにどんなものがある?

Tik Tokがもし、日本国内で利用禁止となった場合、そのほかの中国製アプリも規制対象になる可能性は十分にあります。私たちが普段、何気なく利用しているアプリが実は中国製アプリだった、というものも非常に多くあります。そこで、日本国内でユーザーの多い人気中国製アプリをご紹介します。

荒野行動

Google Play

全世界でユーザー数の多いとても人気のアプリ。開発元であるNetEaseや本アプリは、度々ほかのゲームのパクリだとして訴訟を起こされていることでも有名です。

アズールレーン

Google Play

日本でのユーザー数は600万人を超える人気ゲームアプリです。声優や楽曲、イラスト制作は日本人が担当している日系ゲームのため、中国製アプリだということを知っている人は少ないのではないでしょうか。

アズールレーンは、Manjuu Co., Ltd.(上海蛮啾網絡科技)とYongshi Co., Ltd.(厦門勇仕網絡技術)という2つの中国企業が開発しており、動画共有サービスのBilibiliが配信しています。

Simeji

日本語入力ソフトとして、Androidがリリースされたばかりの初期には優秀アプリとして多くのユーザーが利用していたアプリです。現在は、顔文字やきせかえ機能が拡充されていて、女子中高生を中心に未だ強い人気を誇ります。

Simejiは、開発当初は2人の日本人によって開発されていましたが、2011年に中国のバイドゥ株式会社に売却されています。以降、バイドゥによる開発が行われている中国製アプリです。

今後の世界各国の動向に注目

調べてみると中国製アプリは私たちのスマホに多く入っていることがわかります。今後の世界の動向に応じて、日本も同様の動きをとる可能性が高いでしょう。

世界情勢によってアプリの利用までボーダーが引かれるほど、デジタルが軍事ツールと化しているのも複雑ですが…。こういった時代だからこそ、自分たちで個人情報を守っていく必要がありそうです。

こちらの記事もご覧ください。