LINEのKeep機能を活用してスマホとPCでファイル共有!

LINEには、写真や動画などを保存しておくことができる「Keep(キープ)」という機能があります。Keepを使えば、容量の大きいデータも簡単に共有することができますよ。ここでは、Keep機能について詳しくご紹介します。

Keep(キープ)とは?

LINEみんなの使い方ガイド

Keepとは、LINEトーク内のテキストや画像、動画、音声ファイル、URL、WordやExcel、PDFなどのデータも保存することができるストレージ機能です。Keepは基本的にはLINE内のデータを対象としていますが、スマホ端末内のデータも保存可能です。

Keepは無料で使うことができる機能でありながら容量は最大1GBまで使用可能、さらに保存期限は無期限!多くのストレージ機能は保存期限が設けられていますが、LINEのKeepでは自分で削除しない限りずっと保存されています。ただし、50MBを超えるデータは30日間の保存期限ですので、注意が必要です。

KeepはLINEのクラウドストレージを利用しているため、スマホ端末内には保存されません。そのため、スマホの端末容量が足りない場合でも問題なくデータを保存できます。データ整理のために、一時的な保存場所として利用するのもアリですね。

機種変更をしてもデータは引き継げる

KeepはLINEのアカウントに紐付いているため、スマホを機種変更しても新しいスマホで正しくアカウントの引き継ぎができていれば、設定不要でデータを確認できます。

Keepの基本的な使い方

Keepに保存するには、トーク内のメッセージを長押しします。すると、「Keep」という項目が表示されるので、これをタップしましょう。

どのメッセージを保存するのか選択する画面が出てくるので、該当データをタップして、右下の「保存」を選べばOKです。

画像やWebサイトをKeepに保存する場合

LINEみんなの使い方ガイド

スマホ端末内の画像や動画、WebサイトなどをKeepに保存したい場合は共有ボタンをタップします。「Keepに保存」というメニューが表示されるのでこれを選択すればOK。わざわざLINEを開くこともありません。

Keepに保存したデータはホームタブから確認できる!

Keepに保存したデータは、ホームタブの一番上に表示されている自分の名前の右側にある「Keep」をタップすれば、確認することができます。Keepは自分だけが見ることのできる機能で、友だちには表示されないので安心してくださいね。

保存したデータは、拡張子に基づいて自動でカテゴリ別に振り分けられるので、ごちゃごちゃになることもありません。また、「コレクション」というフォルダを作成することもできるので、自分好みにKeep内のデータを整理することもできますよ。

削除の仕方も簡単!

LINEみんなの使い方ガイド

Keep内のデータを削除したい場合は、データ右上の「︙」をタップして「削除」を選択すればOKです。追加も削除もとっても簡単!

Keepを使えば、PCとのデータ共有も簡単

LINEはPC版もリリースされているので、スマホで保存した画像をPCで見たい場合や、PCで作成したデータをスマホで確認したい場合などでも、Keep機能が便利です。

スマホ・PC両方とも同じLINEアカウントでログインすれば、どちらのデバイスでもKeepに保存してあるデータを表示することができます。メールなどで送信する必要も、Wi-Fi環境下でダウンロードをする必要もないので、容量が大きいデータも楽に共有できるところが最大のメリット。

普段から使う頻度の高いLINEには、便利機能が多くリリースされています。ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください。