ドコモ口座の不正送金問題から注意するべきこととは?

連日のように報道されたドコモ口座の不正送金問題。今では金融機関のセキュリティ問題にまで発展し、日に日に被害額は増加しています。今回の問題は、ユーザーでなくても被害に遭う可能性のある非常に危険なものなのです。

被害に遭わないために、自分たちでできるセキュリティ強化は一体どんなものがあるのかまとめました。

ドコモ口座の不正送金問題を振り返る

今回の問題をかるくおさらいしておきましょう。ドコモ口座は銀行のようなイメージがありますが、スマホ決済の一種です。3大キャリア間での競合サービスでは「au PAY」「PayPay」が該当し、他サービス同様にドコモ口座はドコモユーザーでなくても作ることができます。

街中Payだらけ!キャッシュレス決済の波に乗るためのPayまとめ

問題なのは、銀行口座をdアカウントと紐づけることで、銀行からのチャージが可能となる仕組みだった部分です。ドコモユーザーではない場合、本人確認がドコモの顧客情報と紐づいていないため現金チャージしか行うことができません。しかし、銀行口座をdアカウントと連携することで「銀行が本人だと認めている」という本人確認の役割を担う形にしていました。対して銀行側では、連携時に本人確認を行うかどうかの対応に差が出ており、実際に本人確認が厳格ではなかった銀行では被害額が大きくなっています。

【全端末・全キャリア対応!】「docomo ID」(dアカウント)ってなんだ~取得方法から活用方法、困った時のQ&A~

つまり、悪意のある第三者が口座情報や暗証番号をどこかで入手して、なりすましのdアカウントを作り、ドコモ口座と連携をしてお金を引き出せる構図ができてしまっていたのです。

被害に遭っているかどうかを確認するには

まずは、自分の保有口座の取引履歴を確認し「ドコモコウザ」への出金があるかどうかを確認してください。心当たりのない人は、被害に遭っている可能性が高くなります。不正送金の疑いがあれば、ドコモへ連絡をして対応を仰ぎましょう。

自分でできる防止策は?

今回の不正送金問題では、金融機関側のセキュリティ強化が必須事項と言えます。では、私たちは「被害に遭うかもしれない」という不安な気持ちを常に持ちながら対応を待つしかないのでしょうか。

自分たちで今できるセキュリティの強化策として有効なこととしては、

  • 二段階認証機能が備わっているものには設定をする
  • 保有口座の状況を確認しておく
  • 出金されたことを知らせる機能を活用する

これら2点が挙げられます。口座を複数持っている人は、頻繁に使う口座と休眠状態になっている口座などさまざまではないでしょうか。そこで、この機会に口座の断捨離を行いましょう。休眠口座に残高が残っている場合は、それだけで危険にさらされる可能性があります。

また、おすすめの機能として銀行によっては出金通知をしてくれる機能があります。口座で出金があると登録をしたメールアドレスなどにお知らせをしてくれるのですが、見覚えのない出金にすぐに気付けるというメリットがあります。

ドコモ口座だけではなく、すべての電子決済サービスで起こりうる今回の問題。二段階認証の設定など自分たちでできることは徹底的に行いながら、サービス提供社、金融機関の対応も早急にアップデートしていただきたいところです。

こちらの記事もご覧ください。