いよいよInternet Explorer(IE)が終了へ!乗り換え先おすすめブラウザは?

windows

昔はパソコンでインターネットを閲覧するブラウザといえばInternet Explorer(IE)でした。そんなIEが今後、利用できなくなるのです。

Microsoft社はIEからEdgeへの移行について強制的な措置を取ることにしました。

IEを選択してきたユーザーはブラウザ選びに困ってしまいますよね。
そこで世界や日本でシェアの多いブラウザや、乗り換えに適したブラウザをご紹介します。

ブラウザのシェア状況や特徴が分かれば、自分に適したブラウザがわかるでしょう。

IEから乗り換えにおすすめのブラウザ3つ

google

ブラウザをIEから乗り換えるのであれば以下の3つがおすすめです。

  1. Edge
  2. Chrome
  3. Firefox

これまでIEを愛用しているということは、Windowsを愛用者でしょう。Windowsと相性が良いのはMicrosoft社が提供するEdgeです。

つまり、後継ブラウザをそのまま使用するのがベスト。軽い動作で問題なくネットサーフィンできますし、アップデートがあった際にも不具合が起きにくいでしょう。

ChromeはGoogleアカウントを持っている人におすすめのブラウザです。ブラウザの同期が容易で、拡張機能により作業の効率化も図れます。

FirefoxはChromeと同じくらいカスタマイズ性に優れています。日本ではそこまでシェアされていないものの、世界では人気のあるブラウザのひとつです。

世界と日本のブラウザのシェア率

ChromeやSafari、Firefox、Operaなど様々なブラウザが世界で利用されています。statcounter(2019.10-2020.10)によるとトップのシェア率を誇るブラウザは以下のとおりです。

世界トップ3(全端末)

世界で多く利用されているブラウザは以下の3つです。

  1. Chrome 66.12%
  2. Safari 17.24%
  3. Firefox 3.89%

Chromeが圧倒的なシェア率を誇っていますね。その次にSafari、Firefoxと続きます。

日本トップ3(全端末)

日本で利用の多いブラウザは以下の3つです。

  1. Chrome 49%
  2. Safari 30.95%
  3. Edge 6.68%

世界のシェア率ほどではありませんが、それでも1位はChromeです。そして世界より日本国内の方がiPhoneへの指示が高いため、Safariのシェア率が高くなっています。

各ブラウザの特徴

キーボード

世界で利用されている主要なブラウザの特徴は以下のとおりです。

ブラウザ名特徴
IEMicrosoft社が提供するブラウザ。Windowsに標準搭載されている。セキュリティに問題があるため、今後は利用できなくなる。
EdgeMicrosoft社が提供するIEの後継ブラウザ。IEよりも高機能でセキュリティも整っている。Microsoft社が提供するサービスとの親和性が高い。
ChromeGoogleが提供するブラウザ。Androidに標準搭載されている。Googleアカウントを利用すれば、Googleの他のサービスと連動・同期が可能となる。動きが軽く快適にインターネット利用が可能。拡張機能で自分好みにカスタマイズできるのも特徴。
SafariAppleが提供するブラウザ。iOSやmacOSに標準搭載されている。デザイン性に優れており、操作しやすい。iPhoneやmacに慣れている人に適したブラウザ。
FirefoxMozilla Foundation社が提供しているブラウザ。狐のマークが特徴。デバイス間での同期が可能。拡張機能が豊富で、自分が扱いやすいようにカスタマイズできる。

ChromeやFirefoxはカスタマイズ性が高いため、こだわりのある人に適したブラウザでしょう。ブラウザはOSによって、新たにダウンロードしないと利用できない場合があります。

それぞれのOSに適したブラウザを使おう

ブラウザはOSとの相性があります。そのため、手持ちの端末に適したブラウザを使いましょう。OSに適したブラウザを使用すれば不具合やエラーなく、快適にインターネットを閲覧できますよ。

こちらの記事もご覧ください。