2000万ダウンロードって本当? キャリアを超えたメッセージアプリ『+メッセージ』とは

docomo、au、Softbankの携帯大手3キャリアが提供しているメッセージアプリ『+メッセージ』。先日、ダウンロード数が2,000万を突破したと発表されました。電話番号だけで送信することができるこのアプリですが、その人気の秘密をまとめました。

『+メッセージ』ってどんなアプリ?

NTT docomo

2018年5月に携帯大手3キャリアがタッグを組んでリリースされた『+メッセージ』。電話番号のみで送信をすることができるのが最大の特徴です。また、最大2,730文字(全角)のテキストや写真・動画(100MBまで)を送受信することも可能。音声メッセージのほかに、地図情報のやりとりにも対応しています。

さらに、企業向けに公式アカウントを開設できる機能も備えているとあって、リリース当時は「LINEへの対抗?」などと言われ、ネガティブなイメージが強く出てしまっていました。

『+メッセージ』を使う理由とは

スマホユーザーの大半が利用しているLINE。メッセージアプリとしては、不動の人気アプリでしょう。では、『+メッセージ』は一体どういったシーンで使われているのでしょうか。

仕事関係の人には『+メッセージ』が相性良し

LINEは双方が「お友だち」になっていないとメッセージを送れません。この時に困るのが仕事関係の人ではないでしょうか。電話番号は知っているけど、LINEでお友だちとしてつながるのは少し抵抗がありますよね。

SMSを使えばやりとりができますが、通話料がかかりますし現在地や写真などのデータがしやすいのは『+メッセージ』でしょう。

仕事関係の人以外にも、電話番号は知っているけどLINEではつながっていない人というのは一定数いるはず。こういった人との連絡手段として『+メッセージ』が架け橋になってくれているようです。

今後も一定数のユーザー数が見込まれそう!

電話番号は知っているけどLINEでやりとりをする間柄ではない場合や、電話ではうまく情報伝達ができないシーンの場合、『+メッセージ』が非常によい立ち位置で機能しているように感じました。

今でもSMSはありますが、ネックなのが料金がかかること。通話料として加算されるため、なかなか高くつく場合があります。そんな懸念も『+メッセージ』で払拭できているところも、ユーザー数獲得につながっているのでしょう。

携帯電話会社だからできた、配慮あるサービスを今後も継続していってほしいですね。

こちらの記事もご覧ください。