Twitterにも24時間で投稿が消える「フリート」が登場!その評判は?

2020年11月、とうとうTwitterからも24時間で投稿が消える「フリート」がリリースされました。いまやSNSの標準装備?ともいえるこの機能。果たしてどんな機能なのか、みんなの評判もまとめました!

Twitterの新機能「フリート」って?

フリート(Fleet)は、タイムライン画面の上部に表示され、投稿から24時間が経過すると消える機能です。Instagramのストーリー機能のTwitterバージョンと言えるでしょう。

Instagramのストーリーのように、Twitterのフリートにも既読(足跡)機能があり、自分のフリートを誰が閲覧したのかを確認することができます。また、非公開アカウントでも既読はつく仕様となっており、投稿主以外のユーザーはフリートの閲覧者を見ることはできません。

現在はTwitterアプリでのみ使用可能

執筆現在、Webブラウザ版ではフリート機能が使用できません。iOSまたはAndroidのTwitterアプリからのみ使用できるようになっており、PCからは閲覧も投稿もできないので、注意が必要です。

Twitterでの反応は?

フリート機能がリリースされ、Twitterユーザーのみなさんはどのように反応されたのか調べてみました。

さまざまな声が寄せられていましたが、すでに機能がリリースされてから1ヶ月が経ち、多くの人が利用しているようです。ただ、アプリでしか使うことができない点を不満点としている声も多く見受けられました。今後Webブラウザ版にも実装されることに期待したいですね。

24時間で消えるからこそ、使い分けができるのかも!

InstagramやLINE、そしてTwitterなどSNSが続々とリリースしている24時間投稿機能。その使い方はユーザーによってさまざまですが、多く見られたのが通常の投稿との使い分けです。

フリートで言えば、Twitterだけでつながっている人へオンライン会開催の呼びかけなどをしている人も多くいました。日時が限定されているものは、通常投稿よりもフリートとの相性が良さそうです。

また、InstagramとTwitterで棲み分けをしている人も多いはず。SNSごとに絶妙な使い分けができるのもこの機能の良さかもしれません。今後、Twitter独自の機能が搭載されるのかどうかにも、期待したいですね。

こちらの記事もご覧ください。