退屈なビデオ会議が様変わり!?話題の『mmhmm(んーふー)』とは?

すっかり「ビデオ会議」が当たり前の毎日になりましたよね。

私も平日のうち1日でも外に出ればいいくらい(笑)で、画面越しに「お疲れ様です~」なんていうのが日常になってきました。

最初のうちは繋がっただけでも「わ~!」なんてテンションが上がっていましたが、日常になりすぎて何か「工夫したいなー」と考えている人もいるのではないでしょうか?

そんな方にぴったりな『mmhmm(んーふー)』を今日はご紹介します。

『mmhmm(んーふー)』って変な名前!(笑)

いやいや、紹介するもなにも名前が『mmhmm(んーふー)』ってどういうこと? と思いますよね。でもこれ本当にこういうサービス名なんです。

みてみて!

ドメインまで、ちゃんとmmhmm.appですから!(笑)

でも一体どんなサービスなのか名前からはわからないですよね。よく映画とかで、良いアイディアをひらめいた時に「あーはん!」とか、眉毛をクイッとあげて「ん~ふぅ!」なんていうシーンもありますが、そんなイメージなのでしょうか?

実際に使っているところをお見せしましょう。

日本語字幕に対応しているので、YouTubeの字幕を「日本語」にしておくと楽しくみられますよ。PCからみている人で字幕を変えたい時には、以下の黄色い枠をクリックすると変更できますよ。

デフォルトは「英語」もしくは「なし」になってるかも〜!

動画の中では、『mmhmm(んーふー)』の操作方法はもちろん、さまざまなシチュエーションで使えることを教えてくれるので、「あっこれ使いたい」と思うのがひとつはあると思います。

個人的には、ここが大好き(笑)

ジェダイ!!

このエフェクトめっちゃ使いたい!!!!

この発想が最高にかっこいいですよね。スターウォーズ好きなら反応してくれるはず(笑)。

かっこいいのはわかったけど、どうやって使うの?

そう、問題は「日本語対応しているの?」とか「どんな時に使えるの?」とか「いくらで使えるの?」ということ。

こちら現時点で対応しているのは、

iOS版のみ!

Windowsは最新情報によるとプライベートβ版を提供開始しており、公式版は来年春にリリースされるのだとか。少々お待ちくださいね。

mmhmm(んーふー)』の中で最高なのが、テレビ会議のツールを変える必要がないということ。普段Zoomを使っているのに、また別なツールを先方にもダウンロードしてもらわないといけないの? となるとめっちゃ厄介ですよね。

mmhmm(んーふー)』だと、Zoomを使いながら、最初に紹介したようなエフェクトを使えるという点。簡単にいえば、「テレビ会議用の編集ソフト」というわけ。

汎用性が高いのも魅力!

さらにはYouTubeやGoogleMeetでも利用できるので、生配信したい人、会社がGoogleツール一色だからテレビ会議はMeetだよという人でも使えるのは嬉しいところですね。

料金は、

有料版:月額1100円 or 年間1万100円
無料版:1日1時間利用可能
※教職員及び学生は1年間無料

とのことなので、まずは無料版から使ってみるのはいかがでしょうか?

また公式Twitterをフォローしておくと最新情報やアップデート情報が把握できるのでオススメ。お正月にぴったりな背景画像もたくさんあるので、「これを使いたい!」というだけでも無料なのでお試しする価値はありそうですよね。

とはいえ、使っているPCのスペックにも気を配りたいところ。

私が使っているMacBook Airちゃんは、Zoomの背景を付けただけでも「しゅ~~~~~」と騒ぎ出して音声がうまく聞こえない! という状況になるので、MacBook ProやハイスペックPCを使っている人なら安心ですが、「ちょっとPCに負荷かけちゃうな~」と思う人はお試しした上で有料版に移行する方が安心ですよ♪

こうなってくるともう「パワポ」いらなくない?

今までの「会議」を振り返ってみると、事前資料として一生懸命パワーポイントで「ここが重要!」とか「競合会社のデータは……」なんて力んでいましたが、ビデオ会議でリアルタイムにここまでのプレゼンテーションができるなら、もうパワポなんていらないって思っちゃいますよね。だってその場でネットで調べてサイトを見せたり、議論しながら提案もできちゃうわけですから。

日本の多くの会社からは「あとで資料欲しい」とか言われるかもしれませんが(笑)、その場の一体感とかは『mmhmm(んーふー)』の方が味わえると感じました。

なんだか「こちらの資料をご覧ください」と言っていた頃が懐かしくも感じてしまいますが、ビデオ会議になったことでプレゼンテーションに求められるスキルも変わってくるような気がしますね。

今後、会議の形や働き方はどんどん変わってくる時代になると思うので、流れを敏感に感じ取って自分らしく働けるようになりたいですね!

テレワークやオンライン会議でこちらも役立ちます!

テレワーク グッズ(在宅ワーク)|おすすめ必要・便利ガジェット【2020年】

Zoomの無料プランは40分の時間制限あり!制限なしで使う方法とは

https://andronavi.com/ranking_tag/telework/

こちらの記事もご覧ください。